BuRoPa Diner

伝説のファミレスの制服が復活!?
「BuRoPa Diner(ブロパダイナー)」の紹介です。

「BuRoPa Diner」は2019年09月28日(土曜日)に中野の「nakano f」というレンタルスペースで開催された1日限定カフェです。
メイド系同人サークルの「M.A.I.D.」が企画主催しているということで潜入調査してきました。
営業時間は14時から22時まで。
「nakano f」は2階建ての2フロア構造なのですが、1階は小さな書店、2階はダイナー(レストラン)形式のコンカフェとなっていました。

「nakano f」の場所は、
中野駅から中野ブロードウェイ方向の通りの真ん中へんを右に曲がって細い路地の更に裏路地の方まで行くとあります。
人通りが急になくなるので本当に開催されいているか不安でしたが、入り口がガラス張りだったので中の様子がわかったので入ってみることにしました。
ドアを入ってすぐに手書きの看板がありました。
テーブルチャージの説明やフード、ドリンクメニューと価格が書かれていました。

まず1階の説明から。
「同人誌を取り扱う小さな書店」という解説がありました。
本を見てみた所、同人サークルの「M.A.I.D.」が発行している同人誌、プラス、ダイナーの方の店員さん(コスプレイヤー)の発行しているコスROMなどでした。
横長テーブルの上にびっしり平積みされているさまは、「ここだけコミケ会場」でした。
「書店」ということで店主の男性(この人も別なサークルの同人作家)が鎮座していました。
さらに売り子としてエレガントなメイドさんが接客していました。
黒ロングメイド+白エプロンドレスという正統派メイドさんでした。

そして肝心の2階の説明を。
書店の横の階段を登ると広いフロアに4人用テーブルがたくさんあり、好きな席に座るように案内されます。
女性店員さんが4人ほどいました。
そして、伝説のファミレス「ブロンズパロット」の制服を着て接客しているではありませんかっ!!
「ブロパダイナー」の「ブロパ」は「ブロンズパロット」の略語だったのですね!!(興奮気味)
正確には「ブロンズパロット」の制服のレプリカを使用しているのです。
「UNIFORM KISS」という同人サークルが衣装を作成していまして、 そこのブロンズパロットのレプリカを使用しているそうです。
ブロンズパロットが4人も揃うと豪華ですねっ!

つまり「BuRoPa Diner」の制服の解説はブロンズパロットの制服の解説と同義となります。
頭には何も付けていませんでしたが、二つ結びの人がいましたのでそれを採用してみました。
白いブラウスが特徴的で、胸元に合わせて大きくフリルが付けられています。
フリルの根本は黒いラインがありまして、前合わせの部分だけは黒いラインはありません。
背中にも黒いラインとフリルは続いています。
スタンドカラーの首元には大きな赤いリボンを付けています。
袖も特徴的で、肘の部分で絞りがありまして、袖口はフリフリのフリルになっています。
6分袖丈で動きやすい仕様となっています。
全体的に「特徴的」ばかりですが、黒いベルトも特徴的です。
幅広のベルトはお腹の部分が下にとんがっています。

赤いスカートは膝上丈で、裾には黒いラインが2本あり、白いレースで縁取られています。
足元は黒いストッキングと黒いローファーでした。

実際のこの「ブロンズパロット」の制服は立川日野橋店しか採用されていませんでしたし、 立川日野橋店は2000年に閉店してしまっていますので、もう見ることが出来ません。
そういった意味で、「伝説」ですし、このようなイベントは定期的に開催されて良いと思います。

2階のメニューとシステムですが、
テーブルチャージとして、1時間600円(女性は1時間300円)かかります。
自動延長で、混雑時は最大90分までとのことでした。
ドリンクはソフトドリンクはすべて600円。
ウーロン茶、アイスティー、アイスコーヒー、オレンジジュース、ジンジャーエール、コーラがありました。
アルコールは生ビール、ウィスキー、クライナー、カクテルなどがありました。
「宇都宮Charilu」のオリジナルカクテル「ゴールド・ムーンライト」を再現したメニューもありました。

フードは「ダイナー」らしくハンバーガーやフライドポテトが人気のようでした。
生ハムサラミ盛り合わせ、アンチョビじゃがバター、など酒のおつまみっぽいメニューのほうが多いようでした。

あとチェキメニューがあり、1枚1000円ということで、伝説のファミレス制服を撮るお客さんが多かったです。
実は今回の店員さんは現役で別のコンカフェで働いている人だったり、過去働いていた人だったりするので、 店員さん目当て来ているお客さんが多く、お客さんのノリが普通に「コンカフェ」でした。
チェキなども常に撮影している状態でした。

今回の「BuRoPa Diner」は「M.A.I.D.」主催のブロパ系限定カフェの2回目のイベントでした。
1回目は2017年7月16日(日曜日)に開催された「ブロパコミュニティダイニング」。
場所は秋葉原のトリオンプでした。
そちらの存在に気づいたのは開催が終わった直後だったので、悔しかった思い出がありました。(泣)

(2020-03-20)

関連ワード
  • 東京
BuRoPa Diner(ブロパダイナー)の制服のイラスト

totop