シャルロッテ

東京都大田区の蒲田駅近くにあるメイド喫茶 「Charlotte(シャルロッテ)」 です。
JR・東急蒲田駅から西の方向に商店街をぐんぐん進んでいくと頭上に大きな看板を見つけることが出来ます。
東京蒲田文化会館の3階にあります。

「シャルロッテ」はもともと綱島にありましたが、2号店として「シャルロッテ蒲田店」が2015年1月27日から2018年8月26日まで営業していました。
しかし、綱島店は2020年1月19日に閉店してしまいました。
その後、2020年2月2日にもともと「シャルロッテ蒲田店」があった場所に復活移転したカタチです。

「シャルロッテ」のメイド服は数種類変遷していますが、2020年現在使用されているメイド服を紹介したいと思います。
店内の壁際にメイド服だけが展示として吊るされていましたので、調査は容易でした。

頭には白いフリルのカチューシャを付けています。
メイド服の色は茶色と黒があるようです。
半袖でミニスカートのメイド服の首周りと袖口とスカートの裾にレースが付いています。
イラストでは襟だけを付けているバージョンです。ブラウスを着ていて胸元が見えないというパターンもあります。
首元のリボンですが、たくさん種類があります。おそらくメイドさんごとに違うリボンを付けています。
赤、黒、青、白、色もさまざまで大きさもさまざま、飾り付けもさまざまなリボンを見ることが出来ます。

エプロンは肩のフリルが巨大です。
お腹にピンク色の大きなボタンを4つ付けています。(金色ボタンの人もいました)
エプロンの裾にはピンク色のラインがあります。左右のポケットには小さなリボン結びがありました。
背中のリボンはとても大きいです。
足元は黒ニーソ、白ニーソ、さまざまでした。
靴もブーツなどさまざまでした。

「綱島店」は漫画喫茶の中にあるという特殊な立地でしたが、「シャルロッテ蒲田店」も漫画喫茶の隣にあります。 こちらはちゃんとドアがありましたので開けて中に入ります。

2人用テーブルが8卓くらいとこじんまりした店内です。
カウンターの奥で調理したりドリンクを作っている風景を見ることが出来ます。
壁には展示物がたくさんあります。
イベント時の写真などがボードに貼られていました。
壁際の棚にはボードゲームがたくさん並んでいました。
その上くらいにメイド服が飾られています。

システムはチャージ料が1時間500円で、延長は30分ごとに250円です、混雑時は最大90分までとのことです。
ソフトドリンクが400円で紅茶は600円。
フードはたくさんありますが明朗会計、唐揚げやポテトは550円、パスタ、カレー、プルコギ丼などは650円、ビーフドリアやカツ丼、特盛り唐揚げ丼などは750円となっています。
フードもドリンクもかなり安いですね。
メニューには書いてませんがオムライスもあるとのことです。
スイーツは、アイス、ケーキ、気まぐれパフェなどがあり、おえかきスイーツプレートは1000円でした。

オリジナルカクテルが800円で、3杯注文するとチェキがプレゼントされます。
単品でチェキを撮影できるメニューが無いため、オリジナルカクテルを3杯注文するか、
「Charlotte堪能スペシャルセット」を注文する必要があります。
セット内容は食事、デザート、オリジナルカクテルとチェキがセットで2300円です。お得ですね。

初めて来店する方は「はじめてセット」を注文することが出来ます。
種類は3種類ありまして、「定番!デザートセット」がデザート、ドリンク、チェキ、チャージ料付きで800円。
「シャルロッテ満喫セット」がお絵かきオムライス、ドリンク、チェキ、チャージ料付きで1000円。
「もーっとシャルロッテ満喫セット」がお絵かきオムライス、ケーキまたはアイスクリーム、ドリンク、チェキ、チャージ料付きで1200円。
「え、お得すぎる…」と心の声が漏れます。
初めて訪れた際は何を差し置いても「はじめてセット」を頼まなければなりません。
(好きなものを注文すれば良いと思います)

結構メイドさんから話しかけてきてくれるお店です。
料理を運んだり慌ただしく動きながらも、雑談を持ちかけてきてくれます。
ほぼ全員に聞かれるのが「どうやってこのCharlotteを知ったんですか?」という質問です。
アワアワすると怪しまれると思われるのでスムーズに答えましょう。(笑)

会話の流れで、メイドさんのプロフィール帳を見せてくれました。
「こんなに個性豊かなメイドさんがいるんですよ〜」とニコニコして言ってきます。
趣味や特技がすばらしいメイドさんがたくさんいます。
メイドさんの中で「おにぎりを2口で食べることが出来る」という特技を持った人がいて、テレビで紹介されたそうですよ!!

公式サイトには「正統派メイドカフェ シャルロッテ」と書かれていますが、何が「正統派」なのか悩むことになります。
それを分析するには「メイドカフェ」の定義を明確にしなければならないことに気付きます。
現在語られる「メイドカフェ」は萌え萌えしたりキュンキュンしたりさせたりして、メイドさんと話せることが一般的になってきているので、 そういう意味でCharlotteは「正統派」であることは明白です。
嬉しそうに語ってくるメイドさんと見つめ合うことが出来ます。

ポイントカードもあります。
1000円ごとに1ポイントです。
1枚満了するごとにさまざまな特典をもらうことが出来ます。
2ショットチェキや動画撮影、キーホールダー、などがありますよ。

お会計をしてお出かけする際に、ドアの外までお見送りしてくれます。
エレベーターのドアが閉まるまでいつまでも手を振ってくれます…。

(2020-08-20)

  • 東京
Charlotte(シャルロッテ)の制服のイラスト

totop