シビタス(市美多寿)

蒲田駅の駅ビル「東急プラザ」の4階にある老舗喫茶店 「シビタス(市美多寿)」 です。
昭和43年(1968年)からの変わらぬ味のホットケーキが有名です。
今は無き「フルーツパーラー万惣」のレシピを継承しているのがこの「シビタス」なのです。

その前に店名が難しくて、お店の外の看板や立看板やメニューにはアルファベットで「CIVITAS」と書いてありますが、 お店の外の大きな木の看板には漢字でオシャレなフォントで「市美多寿」と書いてあるのです。
結局、漢字表記が一番目立ってますし、印象に残りますね。一見では読めませんけど。
で、他の場所で紹介されている時は読みやすいカタカナの「シビタス」を使用している場合が多いようです。

制服はスタイリッシュなベストのスタイルになっています。
頭には何も付けていませんでした。
白いブラウスは襟を開いて、袖を肘の上までまくっていました。
黒いベストは、茶色いラインがたくさん入っています。
ポケットにも縁取りされています。
背中側にもベルト部分の上下に茶色ラインが2本あります。

エプロンは黒白ギンガムチェックです。
ポケットの口部分だけナナメ模様になっています。
フリルで縁取られていますが、根元部分は黒い太いラインがあります。
腰紐は後ろで結んでいました。

ミニスカートかと思いきや黒いキュロットスカートでした。
足元は、黒いタイツを履いていたり、肌色ストッキングを履いている人もいました。
靴はスニーカーなど動きやすいもののようです。

東急プラザ4階を歩いていると、異質な空間を見つけることが出来るのですぐにわかると思います。
入口は緑色の鉄の門になっているんです。
扉は店内側に開いた状態で止まっているので外からは緑の門のゴツさがわかりにくいですが、左右の扉がしまっている状態を想像すると、かなり西洋風です。
入口の横には立看板でメニューやおすすめ品が紹介されています。
パンケーキの写真が目に入ってきます。
その横には「係がご案内します、しばらくお待ち下さい」と書かれた看板もあります。
入口の真下のカーペットには「Cafe & Hotcake CIVITAS」と書かれています。

以前は喫煙可能だったようですが、すでに「禁煙」になっていて、外には「禁煙マーク」がたくさん貼り付けられています。

店内はテーブル席と大テーブル席とカウンター席からなっています。
カウンター席は目の前でホットケーキを焼く姿を見ることが出来るということで人気スポットになっています。
店内の中央には相席ができる大テーブル席があり、中央には水槽があって熱帯魚が優雅に泳いているのを見ることが出来ます。
こちらも人気スポットになっています。(笑)
大テーブルは細長くてそんなに広くないにもかかわらず水槽がありますので、ちょっと狭いかもしれませんね!
壁際には普通に通常の2人用、4人用のテーブル席があります。

壁にはいたる所に鏡があったり、アンティーっくぽいオブジェがたくさん飾られていたり、メロンが飾られていたり、賑やかです。
そのオブジェの中に「シビタス」の名前の由来についての解説がされていました。
「Civitas」とは都市、都市市民、都市社会、都市文化の意、というラテン語だそうです。
英語の「City」の語源だそうです。
つまり「社会の平和と安全」を願うもので、永遠の発展と繁栄を記したいと考えている、と書かれていました。
重厚な理由ですね。

ホットケーキの由来についても書かれています。
「万惣フルーツパーラー」の支店として蒲田にオープンし、最上質の小麦粉、卵、牛乳、砂糖、バターをブレンドしたあの純粋なホットケーキです。
香り高い、ふっくらした風味をホームメードのシロップでお楽しみ下さい。
とのことです。

メニューですが、ホットケーキ、ソーセージ、フルーツパフェ、あとはドリンクです。
コーヒーは市美多寿ブレンド、アメリカン、トアルコトラジャブレンド、ウインナーコーヒー、カフェオレ、ココア、ポット紅茶、メロンソーダ
などがあります。
メロンソーダとホットケーキなんて最高の組み合わせですね。

他にも、季節限定で旬のフルーツジュース、フルーツパフェが登場します。
オーダーを受けてから、フルーツをカットして作るので新鮮さでよだれが出ます。

営業時間は10時から21時までとなっていますが、ホットケーキは人気商品ですので「品切れ」になる場合も多いです。注意が必要ですね。
「ホットケーキは~18:00 売り切れ次第終了」と書かれています。

多い日は250人分、2枚重ねなので500枚を焼いているそうです。
人気の秘密は温かみのある味わいです。
銅板を使って焼いています。銅を使うと熱伝導率が良いので焼きムラが少なくなるのだそうです。
そしてホットケーキの中心が少しだけ生焼けに感じるくらいに焼き上げているそうです。
そうすることで生地にシロップとバターが馴染みやすくなるんですって。
カウンター席に座ると、ガラス越しに焼いている様子を見ることが出来ます。

で、結局、ホットケーキが売り切れになってる時に入店してしまったので、いまだにホットケーキを食べれてないという悲しさ。(泣)
リベンジするしかないんですよ。

(2020-08-14)

  • 東京
シビタス(市美多寿)の制服のイラスト

totop