HOOTERS

日本でもおなじみ「HOOTERS(フーターズ)」ですが、中国にもありました。
2004年から中国に上陸しているようです。

看板には「美国猫头鹰餐厅」と大きく書かれています。「アメリカ式フクロウレストラン」という意味です。ネコカフェみたいな感覚でお店に入る人は…いないですよね。
上海の中心部に3店舗あります。どこも駅近なので行き易いので、駅名と店舗名だけ列挙しておきます。
正大乐城:龙华中路駅、淮海店:上海图书馆駅、尚嘉中心店:伊犁路駅
他にも北京と成都などにも店舗があります。

店内や制服は日本と同じでアメリカンです。スポーツ中継を流していました。
タンクトップはちゃんと「China 中国」となっています。 古い画像を見ると「Shanghai 中国」となっているものもありました。
名札をつけている人はいませんでした。
黒いバージョンの人も、一人だけ見かけました。「アメリカン感」が強かったです。さすがです。

お客さんも外人が多いですし、英語が通じるようです。
メニューは中国語と英語で書かれていますので、中国語が分からなくても英語から料理の内容を推測できます。
ハンバーガーセットが1150円くらいでした(さらにサービス料で10%かかる)。まあ、日本と同じくらいでしょう。
アルコール類は800円前後でした。ソフトドリンクは500円前後です。
ランチタイムでのセットメニューは、少しお得になっているようです。

店員さんは明らかに中国人ですが、名前はアメリカンな名前に変更されていました。
あ、日本と同じように、最初に名前を名乗ってくれますし、「写真を一緒に撮ってほしい」と言うと、撮影可能です。
「ダンスショーもある」という情報はあったのですが、80分ほどの滞在中には見る事が出来ませんでした。
ただし、カウンター近くにフラフープが大量に置かれていました。(これはショーで使う用でしょう?)と思いました。

グッズを売るコーナーもありますが、無い店舗もありました(淮海店)。

(2017-09-21)

関連ワード
  • 上海
HOOTERSの制服のイラスト

totop