スガキヤ

名古屋では、超有名なラーメン店 「Sugakiya(スガキヤ)」です。
愛知県を中心に300店舗以上あり、南は兵庫県、奈良県あたりから、北は富山県までの ジャスコやアピタ、ユニーなどのデパート・スーパーの中にあることが多いです。

なんといっても、ラーメンの安さにより、学生や家族連れに大人気のラーメンチェーンなのです。
という説明も必要無いくらい超有名店です。

この制服のお店は「Sugakiya」の方で、「寿がきや」では違う制服であることを確認しています。(笑)

ラーメン屋なので、「すごいかわいい制服」というわけではないのですが、 東海地区のお店を語るなら、はずせないお店の一つだと思うので、紹介しちゃうのです。

頭には紙製の帽子。赤い部分に白いラインが斜めに3本入っています。

ポロシャツの襟が特徴的で、赤い襟のなかに白い模様が入っています。 あと袖が赤い以外は白色のポロシャツです。

前から見ると、ジャンパースカートみたいですが、実は単なるエプロンで、 女性店員はベージュのキュロットスカートを履いているのですが、エプロンの丈の方が長いので、 前からはキュロットが見えないという構造になっています。

エプロンは左が黒、間に白いラインが入りつつ、右側7割くらいが赤色というエプロンになっています。
胸元には白い文字で「Sugakiya」のロゴが入っています。
面白いところは、肩紐が後ろに回ると、黒と赤がバッテンに交差して、その先の方をちょうちょ結びにせずにボタンでとめてるので 黒と赤がぐるぐる交差しているところです。

足元は、黒いハイソックスを履いていて、白い靴を履いていました。

スガキヤのこのタイプの制服にも数種類バージョンがありまして、 ポロシャツの部分がTシャツに変わり、色も白か赤、のバージョンと、 冬の寒い時期には薄紫色の長袖トレーナーに変わる、というバージョン違いがあります。

さらに、去年に60周年を迎えたのですが、その時は「60」の文字が大きく入ったTシャツを着ている店員を多く見かけました。

あと、帽子の赤い部分が薄紫色の人がいますが、役職が偉いような気がします。(私の推測で未確認情報です)

なんとラーメンが280円からの値段で、スープに特徴があってかなりクセになる味なので、 この説明文を書いている間にもよだれが出てきてしまうくらいなのです。(笑)

あと、スイーツというかクリームぜんざいも「くりぜん」の愛称で人気商品です。 ラーメンの後にはくりぜん! これで決まりですぞ。

寿がきや度チェック なるものがあったのでためしにやってみたら、「寿がきや度89%」でした。
一見、高いパーセンテージのように思えますが、どうやら、100%を超える人も多くいるみたいなので、 わたしはまだまだ全身スガキヤ人間には遠いのです。(笑)

そんなわたしも、「スガキヤ」のマスコットキャラ「スーちゃん」には萌え萌えですよ。(笑)

(2007-01-08)

  • 愛知
  • 三重
スガキヤの制服のイラスト

totop