やはらかとんかつ綾

三重県にあるとんかつのお店 「やはらかとんかつ綾」 です。
菰野と生桑に店舗があります。ほどほどに郊外にあり、駅から歩いて行こうとすると大変です。
駐車場はたくさんあるので、中の混雑状況も同時にわかります。 つまり、昼時に行くと、かなり満席の場合が多いです。
私は、生桑店に行ってみました。

店内に入ろうとすると、人気の秘密である、「丁寧な接客」を体験することが出来ます。
まず、お客さんが入り口に近づいていくと、店員さんがドアを開けて待っていてくれます。
最初は、「あれ、お店を出る人がいるからドアを開けているのかな?」と思ったのですが、 私のために待っていてくれたようです。すでに恐縮です。

入ると、禁煙喫煙を聞かれ、喫煙の方にはテーブル席とお座敷があるようです。
禁煙の方にはテーブル席とカウンター席がありました。
一人の場合は問答無用でカウンター席になってしまいますよね、そうですよね。
混雑時は団体さんでもカウンター席に座っていましたので、しかたのないところでしょう。

メニューはたくさんありました。オススメは「厚切りやはらかひれかつ定食膳」でしょう。 150グラムと120グラムが選べます。150グラムが1730円、120グラムが1520円となっています。
相場よりも、少々高めな気がしますが…とんかつのクオリティがハンパ無いんです。「やはらか」は本当でした。
隣の大学生らしきチャラい団体さんも「うめぇうめぇ」言っていたので本当です。(笑)

定食ですので、ご飯とキャベツとお味噌汁とお漬物がついていますが、それら全てがおかわり自由です。
ご飯のおかわりは必至です。
ご飯は三重県産のお米を使っています。地産地消。

さらに、とんかつにかけるソースも4種類並べられており、いろいろ楽しめるようになっています。
あらかじめ受け皿が4つセットされているので、「ソース世界線」を自在に行ったり来たりできるのです。
すりおろせる用の器と胡麻を渡されるので、自分の好みのすり方で胡麻をつぶせます。ほら、細かすぎず、適度なつぶれ加減で、 みたいのがあるじゃないですか。

キャベツにかけるドレッシングも3種類あり、どうしようか悩みます。こんなところで悩まされるとは思っていませんでした。 もう、悩ましい!

といったわけで、とんかつのサクサクさ加減と肉の柔らかさにより、夢中で食べ続けている私がいました。 お漬物も美味しいです。
私がもっと食べ盛りだったら、倍はおかわりしているところです。

制服の紹介が遅れましたが、和な制服です。

黄色い上着は腰のところで紐を結び、裾は出しています。
袖は2、3回折って、肘の丈にしていました。
左胸には大きな名札を付けています。親切に、フルネームとその上に振り仮名をふっていました。

紺色のズボンも、モンペ的に上が太めで、足首は細めになっていました。
靴は、黒い靴を履いていました。種類はさまざまでした。

メニューに「もし美味しくない場合は、代金をお返しします」と書かれているのも自信のあらわれです。 なかなかそこまでは言い切れません。
店員さんの接客もかなりすばらしいですし、 店内も、和な感じなオブジェがいっぱいあって雰囲気がすごいです。
機会があったら、お手洗いの中にも凝ったオブジェがあるのを見に行ってみてください。 落ち着く空間になっていますよ。

(2013-06-10)

関連ワード
  • 三重
やはらかとんかつ綾の制服のイラスト

totop