CONTINENTAL CAFE ROYAL

九州の福岡市のみにあるレストラン 「CONTINENTAL CAFE ROYAL」 です。
天神にある「大丸福岡天神店」の東館エルガーラの5階にあります。6階には「ウィーンの森」があります。

ファミレスの「ロイヤルホスト」のロイヤルグループなのですが、格調高い「コンチネンタルカフェロイヤル」として存在するのは福岡の1店舗のみです。 貴重です。
そして、このお店は1962年にオープンしたそうです。 (当時は福岡ビルの地下1階にあり、2000年に東館エルガーラができた時に移転してきたそうです) かなりの老舗ですし、現在の「ロイヤルホスト」の原点となるお店なのだそうです。

「コンチネンタル」(ヨーロッパ風の)という意味の通り、クラシカルで格調高いレストランとなっています。
床もじゅうたんですし、テーブルも椅子も、ホテルのレストラン並みの高級感です。 天井も高く、シャンデリアもすごい形状をしています。

制服も「ロイヤルホスト」とも違い、喫茶店風とも言えますし、ホテル風とも言えます。
頭は、オールバックにして後ろで丸くまとめていました。結び目には黒いリボンを付けていました。

灰色のワンピースは、襟だけ白いです。背中チャックです。
半袖はちょっと長めの丈でした。
左胸にあるネームプレートは、左側に赤い「ROYAL」のロゴが描かれていました。

白いエプロンは丸くかなりフレアになっています。
左右のポケットも底が丸くなっています。

スカート部もフレアになっています。丈は膝上くらいでした。
足元は薄い白ストッキングと、白い靴を履いていました。

今回紹介したのは一般的なホールの制服ですが、レジ付近にいる緑色のベストを着たフォーマルな店員さんもいました。

店内に入ると、食事かカフェか聞かれます。 回答によって何が変わるかわかりませんでしたが、 フロアの左奥には「CONTINENTAL ROOM」という、さらに高級そうなテーブルが用意されていました。

「ロイヤルホスト」と比較するのもなんですが、少々高い価格設定となっています。
食事は基本的に1000円前後します。 オムライスやパスタやハンバーグなどは1000円からでした。
肉料理はそれらの1.5倍くらいします。 特に「料理長のおすすめ」は肉料理が多く、「牛ホホ肉の赤ワイン煮マッシュポテト添え」は1780円、 「国産牛ロースステーキ」は2680円、「フィレステーキ」は2680円となっていました。(当時は消費税5%)
これは、相当良い肉を使っているのだと思われます。

入り口のところのテーブルにサンプルが飾ってあった「ベイクドアップル」を注文してみました。 (ドリンクとセットで1090円でした)
リンゴ丸ごと1個を焼き上げて、中に冷たいアイスクリームが入っていました。 まわりにかかっているソースとかも綺麗にデコレーションされていてすばらしいです。
リンゴも温かくて柔らかいし、ぺろりです。

(2014-05-24)

  • 福岡
CONTINENTAL CAFE ROYALの制服のイラスト

totop