もえかふぇ Little Sister

名古屋の大須に2008年12月20日にオープンしました、 「もえかふぇ Little Sister(リトルシスター)」 です。
その名のとおり、「妹カフェ」ということです! すばらしい!

場所は、大須のガンダムバー「SIEG ZEON」の隣にあります。 グッドウィルから「とりとり亭」の方向へ行くとその先のビルに大きな看板が見えますので、 すぐにわかると思います。3階です。

ドアを開けると「お帰りなさい、お兄ちゃん」(女性には「お姉ちゃん」)って言ってくれます。
席に座ると、おしぼりを出してくれます。まずここで「なんて優しい妹なのだろう…」と感激します。(笑)

制服としては既製服なのですけど、そもそもリボンの数と大きさがステキなのです。妹っぽいです!

頭には白い大きなリボンがついたカチューシャを付けていましたが、「重いからイヤ」と言って つけない妹が多いらしいです。
「そんなにだらしない子に育てた覚えはありませんよ!」って言おうと思いましたが、 「お兄ちゃんの方がだらしないよ」って言い返されるに決まってるので、言いませんでした。(爆)

白いブラウスは半袖の先の部分が紺色で、白いラインが入っています。袖の後ろ側にボタンがついています。
正面にも紺色のくるみボタンが付いています。 襟元には紺色の大きなリボンがあります。

スカートは白いフレアスカートで、下から紺色のレースがちょっとだけ見えます。
その上には紺色のエプロンをつけています。エプロンの肩紐は首の後ろで結んでいて、 それも大きなリボンにしています。 腰の後ろも結ぶので、合計4つの大きなリボンがあるのです!
エプロンは四角い形状で、まわりは小さいフリルが付いています。 左右のポケットは小さくて半円です。「それじゃ、なんにも入らないよう~」って思います。

座席は、カウンターが8席と隅っこにあるテーブルに2人の計10人のようです。 つまり、かなり狭いです。
ですので、妹も1人とか2人が「おうち」(←お店のこと)で「お兄ちゃん」の帰りを待っています。

チャージ料が60分500円かかりますが、そのかわりドリンクが350円から600円くらいです。
料理(カレー、おでん)とかパフェとかケーキもすべて手作りらしいです。「仕込みが大変」って泣いてました。
お得なのがプレートの食べ物で、いろんなものがセットで1200円くらいです。

そんな「おうち」ですが、夜は「JOJOバー」になる予定なのですが、開店の時期はまだ未定ですって。
せっかくだから、妹がJOJO立ちしながら「貧弱貧弱~」って言ってくれれば良いのに。って思いました。

(2009-01-08)

  • 愛知
もえかふぇ Little Sister(リトルシスター)の制服のイラスト

totop