アルケミーエッグ

名古屋の栄に変わったお店ができました。
「錬金術師のメイドカフェ アトリエ アルケミーエッグ」 です。
場所は、ナディアパークから西に少し行ったところのビルの4階にあります。
そのビルの3階には「黒猫メイドカフェ廃墟のエヴァレット」があります。
どちらも制服が可愛いという共通点がありますが、系列店ではありません。

2014年9月17日(水)にオープンしました。8月21日(木)からプレオープンでした。

制服はファンタジー世界の学校の制服の様です。
公式サイトの説明では「錬金術養成学校に通うアルケミストの卵達が課外授業の一環でカフェを運営しています」とのことです。
店員さんは錬金術師(アルケミスト)ということです。

頭につけるものはありませんでした。
その分、髪型は自由にできそうです。

緑色のセーラー襟のブラウスの上にパフスリーブのボレロを着て、その上に茶色のマントを羽織ります。
暑かったり動きにくかったりの為に、ブラウスだけになる場合も多いです。 ボレロにマントの取り外しができるボタンが付いています。

襟が特徴的で、緑色の中に白いラインがあり、縁には白い短いレースで縁どられており、 さらにインボリュート曲線的な(歯車の歯のような)ぎざぎざな部分があります。
メルヘンですね。

胸元には赤いタイをつけていて、黒いトンガリラインがあります。
交差部分にブローチを付けるのが新しいスタイルのようです。初期はブローチが無い人ばかりなのでそちらを描いてみました。

おなか部分には茶色いコルセット的なものを付けています。正面には3つのボタンがあります、 背中側にはサイズ調整用の編み上げ構造があります。

スカートはミニのプリーツスカートで、さらに中からベージュのフリルが見えます。
足元は自由らしく、オーバーにーソックスやストッキング、さまざまでした。

カウンター席が6席ほどで、テーブル席も数席あります。
店内は「錬金術師」らしいオブジェが飾られています。

チャージ料が1時間毎に500円で、1時間1オーダー制です。
ドリンクは500円です。フードは800円前後でお得です。

デザートは「真鍮金(ゴールドプラス)のパンケーキ」が800円、 「金鋳塊(インゴット)のフレンチトースト」が700円、 「琥珀金(エレクトラム)のスコーン」が600円ですって。
漢字で書いておいて、カタカナで読ませるなんて、厨二っぽくて良いですね。
デザートのほうは、プラス200円でドリンクをセットにできます。

イチ推しはアルケミードリンクの「錬金術士(アルケミスト)の秘薬(ポーション)」800円で、 5種類の飲料が5本の試験管の中に入っていて、 それをお好みの配合で混合して飲む、というドリンクなのです。

ちなみに、上記すべてのメニューを注文すると、「練成してきますね」、「○○を練成しました」って言ってくれます。
慣れてきたら言わなくなってきますけど。(泣)

「アルケミーエッグ」の隣の部屋に、2014年10月1日に「アルケミーラボ」がオープンしまして、 そこはレンタル作業スペースになっていまして、工具などが揃っているのでさまざまな「ものづくり」ができるお店です。
目玉はパソコンと3Dプリンタがありますので、自分の思いどうりのフィギュアを作れてしまうところです。

その他にもプリンタやラミネータ、ミシン、アイロン、エアブラシ、塗装スペースなどがあります。
消耗品はその場で買うか、持ち込みもできます。

そちらの料金は1時間500円、3時間パック1200円ですが、 「アルケミーエッグ」の1時間チャージ無料券の付いたコースもあります。
ただ、「アルケミーラボ」の方はオープン日が不定期なのが残念です。
イベントとして「ワークショップ」があり、教えてもらいながら自分だけのグッズを作ることができます。
2014年11月30日は「第1回 アルケミークラフト」ということで レジンアクセサリーの講習会があるそうです。
かっこいいパーツや色を組み合わせて、かっこいいアクセサリーができますよ。

「錬金術」って聞いたから「ファンタジー」かと思ったのですが、近代的で「ハイテク」ですね。

(2014-11-09)

  • 愛知
アトリエ アルケミーエッグの制服のイラスト

totop