大須の巫女茶屋

「大須の巫女茶屋」(おおすのみこちゃや)です。
2003年11月10日に惜しまれつつ閉店してしまいました。(涙)
以前の紹介文はそのまま下に置いておきます。
(2003-12-11)

名古屋は大須にある、「大須の巫女茶屋」(おおすのみこちゃや)です。

万松寺の向かいにある万松寺ビルの1Fにあります。

2003年08月25日あたりからすぎやま現象さんデザインの巫女服に変わりました。
いろいろとパーツがあり、それらを自由に組み合わせられるらしいです。

キツネ基調ですが、耳、しっぽ、髪飾りの鈴、カチューシャ、手甲、足袋、エプロン(長いor短いor無い)、 袴(絵のミニスカ風orモンペみたいに足首で絞っている袴) 等々…たくさんありすぎて、大変そうです。重そうです。(笑)

いたるところに一点鎖線があるのが、とても巫女装束っぽいです。(笑)

肩の部分は切れていて、素肌が見えそで見えます。チラリズムです。

絵のミニスカ風にはルーズソックスが似合っていますね。
ちなみに、私がルーズソックスを描いたのは初めてです。(汗)

ポイントカードを貯めると巫女さんと一緒にポラロイド写真を撮る事が出来るので、 チェキラ! ですよ~。

普通な巫女服の紹介はこちらに。

(2003-08-26)

  • 愛知
大須の巫女茶屋の制服のイラスト

totop