アズールマリナー

名古屋駅近くに2018年8月17日にオープンしました、水平さんをイメージしたコンセプトカフェ 「Azure Mariner(アズールマリナー)」 です。

場所は、愛知県名古屋市中村区椿町20-9 1Fです。
名古屋駅のビックカメラ方面をアニメイトとか代々木アニメーション学院へ行くときの細い路地に面しています。
以前はウィッグ屋さんがあったのですが、かなり変貌していました。
すぐ隣のビルには「パレットメイドカフェ」などがありますね。

補給艦をイメージした店内だそうですが、まったく戦艦の雰囲気ではありません。
真っ白でカウンターなどがあるので、ゴージャスなクルーズ船のような気分です。

大戦時の戦艦をイメージしたゲームが流行っている昨今、こちらはファンタジーな補給艦のようです。
ロゴが帆船っぽくなっていますから。

とはいえ、艦内(店内)に入れば、たっぷりたっぷり補給できます!!
店員のことを「マリナー」と呼び、お客さんのことを「船乗り」と呼ぶそうです。

マリナーの制服は完全に水兵さんです。
一般的に「セーラー服」といえば、「学生服」と同義語になっていますが、「水夫の服」というのが始まりなわけです。
(襟を立てると、遠くの声まで聞き取りやすくなるのだとか)

というわけで、アズールマリナーの制服は完全なるセーラー服なのです!!

頭には白い帽子をかぶっています。紺色のラインが入っていて、横で紐を結んでいます。
白いワンピースのセーラー服になっているのが、とっても可愛らしいですね!!
襟は紺色で、2本の白いラインがあります。
胸当ては白地に紺色のラインがあります。
袖口と襟の周囲は、金色がかった短いレースがあるんです。

袖口の外側には銀色のボタンを付けています。
脇腹のところにはサイズ調整らしき銀ボタン、スカートの裾には…何かの用途に使われるであろう銀色のボタンがあります。

胸元には真っ赤なスカーフを巻いています。
セーラー服のスカーフは、汗を拭くための手ぬぐいの意味がありますね。
漫画の中ではスカーフを結んで止血したりしますね。便利。

足元は白ニーソを見かけました。

アズールマリナーはお店の外観がさわやかなので、なかなかコンカフェだとわからないようになっています。

中に入ると、弧を描いたカウンターが2つあります。
床面積に対して椅子の数が少ないので、かなり広々とした店内です。
白い店内で、黒板などにお知らせが書いてあったりします。

システムですが、店内で使用できるお金は「R(リップル)」と呼ばれています。
ちなみに1R(リップル)は1円と同じ価値です。

ドリンク飲み放題という料金で、チャージ料というものはありません。
ソフトドリンク飲み放題は30分900R。(女性は700R)
アルコール飲み放題は30分1800R。(女性は1000R)
自動延長で、30分毎に料金が追加されていきます。
最初にカフェかバーかコースを選択します。

その他、限定フードやチェキなどのメニューもありますよ。
私以外の船乗りはチェキとか取りまくりだったので、私は遠慮してほそぼそと座っていました。

ポイントカードがあり、経験値を貯めていくことにより、船乗りとしての階級がアップするというものです。
ランクが上がるたびにさまざまな特典があるようですよ。

頻繁にイベントが開催されていて、
気になったのは「陸軍イベント」です。
セーラー服を脱ぎ捨てて、迷彩柄の服を着ていました。
気になる!!

その他、マリナーが卒業するときは、「退艦式」が執り行われます。

2階へ行く階段があるのですが、何かと思ったらお手洗い(と事務所の部屋)があって、広々としていて、いいなーって思いました。
階段も豪華に飾り付けられていたりして。

以前のウィッグ屋さんの頃を覚えている私としては、「変わったなー!」って思いました。

(2020-01-23)

関連ワード
  • 愛知
Azure Mariner(アズールマリナー)の制服のイラスト

totop