知多娘。CAFE

ご当地アイドルというのが活発になっていますが、 愛知県の知多半島には「知多娘。」というイメージキャラクターがいます。
もともとは「イメージキャラクター」ということでイラストだけの存在でしたが、 声優というポジションで、愛知県に住む声優養成クラスの女性が担当し始め、 次第にオリジナル曲とかでライブをするようになり、人気グループとなっています。

バレンタインデー特別企画ということで、2013年2月2日(土曜日)と9日(土曜日)の2日間のみ、 「知多娘。CAFE」が開催されました。
「カフェ」と名の付くモノは、調査しに行かないと気がすまないわけで、早速行ってきました。

「知多娘。」の方は説明しましたが、「知多娘。」の研究生にあたる「知多娘。牧場☆乙女塾」 というグループもありまして、 今回紹介する制服は、そちらの「知多娘。牧場☆乙女塾」の人達が着ていた服がアイドルっぽかったので それにしました。
「知多娘。」の人は、そのキャラクターの衣装を着ていましたので、各自イメージしてください。 (余裕があれば、こちらも描きたいんですけど!!)

公式ブログなどでもこの衣装の絵は見られなかったので不安ですが、 きっと「知多娘。牧場☆乙女塾」のフォーマルな衣装だと思います。(思いたいです)
(ライブなどはピンク色のTシャツを着ている画像は確認しています)

頭に付けるものはありませんが、可愛いものを付けたがる人は、髪留めなどを多く付けたりしていまして、 ハートマークの髪留めがインパクトが強いのでそれを採用してみました。

学校制服風に、白いブラウスにピンク色のネクタイを合わせていました。
ネクタイと袖口がピンク色のタータンチェックになっていて、 ブラウスの裾はピンク色のフリルになっていました。

スカートは赤いタータンチェックのプリーツスカートでした。
足元は黒いオーバーニーソックスだったりストッキングを履いていて、 靴はローファーだったりスニーカーだったりしました。

ちなみに、この服が見られたのは2月9日の方だけで、 2月2日は全員メイド服での営業でした!!

「知多娘。CAFE」が開催された場所は、知多半田駅の近くの 「クラシティ半田」というビルの3階にある「HandA Cafe」という実際のカフェで、 その1階には「ChitaSan」というアンテナショップがあり、 知多半島の物産品・特産品・お土産を販売していて、知多娘。のグッズも大量に置いてありました。

普段からカフェの場所なので、メニューも多彩かと思いきや、食べ物はクッキーかフランクフルトで、あとは飲み物でした。
もちろんあっさり書くとそうなるだけで、他にも「おいしくなる魔法」とか「デカ盛りメニュー」がありました。
そうです、「クッキー大量」とか「フランクフルト大量」とか「ドリンク大量」です。

私は普通にクッキーとドリンクのセットを注文しただけでしたが、 以前から知多娘。を応援しているような人達は、大盛りメニューにチャレンジしていました。

ちなみに、2日と9日で若干メニューが異なっていたようです。

声優ということもあり、声がとてもすばらしいと思いました。
私との接客のときは、私が緊張してあんまり覚えていないのですが、周りの人と雑談している時とか、 「さすが声優」と思わせるような声質に萌えました。
「おいしくなる魔法」の威力がすごかったです。注文した人には「どんな言葉がいいですか?」と聞いてくるのですが、 そこで気の利いたセリフを思いつくことが出来れば、最高な魔法になるのです。

「クラシティ半田」は、かなり「知多娘。」を推していて、「知多娘。」の顔出しパネルがいくつもあって、 名所の予感です。

(2013-02-17)

  • 愛知
知多娘。CAFEの制服のイラスト

totop