珈琲ホリ

珈琲の専門店 「珈琲ホリ」 です。
三重県桑名市を中心にある喫茶店チェーンです。

昭和43年創業で、鮮度にこだわり毎朝焙煎した珈琲豆を使用し、昔ながらのサイフォン式のコーヒーがウリの喫茶店です。
桑名市にはたくさんの店舗があり、四日市や松坂にも店舗があります。

ただし、今回紹介する制服は、数店舗調査していますがまだ1回しか見たこと無いので、 レアなのか、それとも制服なのかすら判断しかねるのですが、 とりあえず萌える制服は紹介するのです。
私が行ったのはアピタ桑名店の2階にあるレストランエリアにある店舗です。
普通にアルバイトっぽい店員さんは黒いシャツに黒いエプロンでいました。

ということは、今回紹介する制服を着てコーヒーを淹れる係りでもあるこの店員さんは、 よりお店での役割も重要ということで、やっぱりこれが制服だと思うにいたったわけなのです。

私が見た人は頭には何もつけていませんでしたが、公式サイトでは黒い三角巾をつけている画像もありました。

黒いワンピースは胸の部分と袖口だけ白いです。 襟が黒いのがなかなか見られないデザインです。黒いスタンドカラーと首元の結び目が一体化しているようです。
正面の白い部分は、上の方は横幅が広く、お腹に行くに従い狭くなっています。 黒い小さいボタンが5つ見えました。

袖は7分丈で、袖口が白色です。
白いエプロンは小さ目な半円で、周囲はフリルで縁取られています。

スカートの長さは膝丈程度でした。 足元は冬だからか黒いタイツを履いていて、黒い靴を履いていました。

いかにコーヒーが美味しいかを自負していまして、「ホリブレンド」は「30年間で1000万杯以上飲まれている」そうです。
計算したら、結構な数になりますよ?
ホリブレンド以外の豆や紅茶はカウントされていないはずなので、とても人気だということが分かります。

ホリブレンドのこだわりは「サイフォン式」「毎朝、焙煎」「2倍の珈琲豆使用」があります。
コーヒー一杯当たり、普通の2倍の量の豆を使用し、粗めに挽いておいしい部分のみを抽出しているんですって。
店内のカウンターの向こう側にはサイフォンの器械がいくつも並んでいるのを見ることが出来ます。

メニューはトーストやスパゲティやワッフルやパフェがありまして、モーニングもあるようです。
「鉄板イタリアーノ」があったので思わず注文してしまいました。
名古屋で「鉄板スパゲティ」といえば、鉄板の上に溶き卵を引いた上にスパゲティを乗せるという「名古屋めし」があるわけですが、 (ここはどうなんだろう?)と気になってしまったからです。
まったく同じスタイルでした!
卵のまろやかさが加わって美味しいんですよね。ソーセージもタップリ入っていてうれしかったです。

好感が持てるのは、店員さんの胸元には名札を付けていますが、そこには名前と一緒に抱負みたいなのが書かれていて、 「常に笑顔でがんばります」なんて書かれていることに気付いてしまったら、こちらまでニヤニヤしてしまいます。

つい最近、「ホリロール」というロールケーキを発売して、とても人気のようです。
私も売っていたら買おうと思っているのですが、売り切れなんですよねぇ~

(2013-03-05)

  • 三重
珈琲ホリの制服のイラスト

totop