まちゅからびぃ

八王子にあるメイド喫茶
「メイドカフェ まちゅからびぃ」です。
2012年8月22日にオープンしました。
八王子駅北口を降りて、左ナナメの方向に行くとあります。
すぐそばに「らしんばん」と「メロンブックス」がありますのでわかりやすいです。

「八王子メイド研究所 まちゅからびぃ」という表記も見られます。 「研究所」の部分が謎すぎるのですが、知ってしまうのが怖いのでスルーしています。
うっかり聞いてしまい、事細かに説明を受けた後に、「バレたからには、生かして帰すわけにはいかない」とか言われたら怖いじゃないですか。 マッドサイエンティストってそんなもんですよね。(偏見)

「まちゅからびぃ」というのはどういう意味かとメイドさんに聞いてみたところ、 「英語じゃないどこかの国の言葉で『まちゅか』がネコで『らびぃ』がウサギという意味なんですよ」 と教えてくれました。
確かに、お店のロゴにも猫っぽいパーツとウサギっぽいパーツが描かれています。

お店の前は大きな看板があるので、近くに行けばすぐわかります。
入り口というかお店の外はちょっとだけメルヘンな空間になっています。 メルヘンな柵で囲われた広い空間は板張りで、どこかのベランダのようです。長椅子があったりします。
その空間の隅っこには「まちゅからびぃ」の白い痛自転車が置いてあるのもオシャレです。

ドアを開けると「おかえりなさいませ、ご主人様(、お嬢様)」と迎えてくれます。
店内はかなり広く、入って右半分がカウンター席になっていて、左半分がテーブル席になっています。

制服は紺色のメイド服で、ピンクのリボンが大きくて目立っています。
頭には白いレースのカチューシャを付けています。根元部分のはしごレースの中に黒いテープが通っていて、 頭の右側でリボンを作っています。

紺色のメイド服はスタンドカラーでエレガントなフリルが付いています。
正面にボタンがありますが、背中にチャックがあります。
胸元のピンク色の大きなリボンは、紺色の紐で首の周りを回しています。

正面の前合わせのような部分は白くなっていて左右には短いフリルで飾られています、紺色のくるみボタンが4つくらい見えました。

白いエプロンは胸当て部分は無く、肩ひもが背中でバッテンになっています。肩周りには幅広のフリルが付いています。
エプロンの腰紐部分が幅広ですが、後ろのリボンもかなり幅広でしっぽも長く、スカートよりも長いです。

スカート部はミニ丈で、かなりフレア形状です。裾は白いラインがあります。
スカートの下には見せパニエを履いています。色はさまざまあるようです。

足元は、黒や白のオーバーニーソックスを履いていて、黒い靴を履いていました。

個性を出すためか、小さなアクセサリーやアニメキャラクターのストラップを付けているメイドさんがたくさんいました。
分かる作品のストラップを付けていると、会話のきっかけになるのでイイですね。

料金システムですが、1時間600円のご帰宅料(チャージ料)がかかり、さらになにかを注文する必要があります。

フードはオムライスやオムそば、カレーライス、ピザ、パスタなどがあり、オムライス系のものはケチャップでお絵かきが付いています。
スイーツはケーキやパフェやパンケーキがあります。ケーキやパンケーキはお皿にチョコレートでお絵かきが付いています。
「お絵かきは何がいいですか?」とリクエスト聞いてくるので、好きなものを言うと描いてくれます。
普通なお題を選ぶか、難しそうなお題を選ぶかはあなた次第です。

「お絵かきドリンク」というのもありまして、カフェラテやココアやミルクティなども、表面にチョコレートでお絵かきしてくれます。

お得なセットメニューというのもありまして、「もえきゅんセット」はご帰宅料、ドリンク、チェキorゲーム、ゲームのセットで2000円。 「すいーつセット」はご帰宅料、ドリンク、お好きなケーキorらびパン、チェキorゲーム、のセットで2000円。 「ふーどセット」はご帰宅料、ドリンク、お好きなフード、チェキorゲーム、のセットで2000円。 とのことです。
かなりお得ですね。

店内にはガチャガチャがあるのですが、「オリジナルノンアルコールカクテル」を注文すると1回ガチャガチャができます。
景品はいろいろあるのですが、お菓子が当たることが多いとのこと。
私はキーホルダーとか当てましたけどね!

毎月22日は「まちゅフェス」というイベントがあるとのことです。
コスプレなどのイベントです。

八王子といえば、「萌え寺」として全国的に有名になった了法寺(りょうほうじ)があります。 そちらは「八王子」駅から一つ隣の「西八王子」駅の近くなので、「まちゅからびぃ」からはかなり遠いです。
とはいえ、八王子が秋葉原とはまた違った雰囲気で萌え文化が発展してきている気がします。気がするだけかもしれませんが。

っていうか、「了法寺」(のキャラクター)ができてからというもの、「もう何をやっても良いんじゃないか?」感があふれて来てると思うのは私だけじゃないと思うのです。(笑)
でも、「まちゅからびぃ」は「一般的」な「メイド喫茶」の部類だと思いますので、安心して行くと良いと思います。 「八王子メイド研究所」の部分だけは「もう何をやっても良いんじゃないか?」感があふれていますけどね。

(2015-01-21)

  • 東京
まちゅからびぃの制服のイラスト

totop