カフェ ローザ

東京の両国駅の目の前にある、 「ザ・ホテル ベルグランデ」 の1階のレストラン、 カフェテリア「CAFE ROSA カフェ ローザ」です。
ホテルの制服のようです。 手前にあるベーカリーカフェ「クードパッツ」も同じ制服に、エプロンをプラスしたものでした。
偶然、歩いていて見つけたんですけど、かなりメイドチックでびっくりです。

頭には何もつけていません。髪が長い人は後ろで結んでいました。

黒い半袖ワンピースは襟の部分だけベージュ色になっています。
やや開き気味の丸襟は、背中チャックになっているので首の後ろで割れていて、白いボタンが見えていました。 何のためでしょうか? おそらく、襟の広がりを抑えるか、チャックの先が(動いている間に)広がらないように、だと思うんですけど…

右のイラストは半袖バージョンですけど、長袖バージョンもありました。長袖といっても6分丈くらいで、短めです。
スカートの丈や色は同じなので、長袖は冬服、半袖は夏服だと思われます。
どちらも、肩には4つのタックが付いていて、ややふっくらしています。

胸元には白く「B」と描かれています。おそらく「BELLEGRANDE ベルグランデ」の頭文字「B」です。

白いエプロンは胸当て部分が特徴的です。 背中でバッテンになる肩紐ですが、外側は短いレースで縁取られています。背中の中央までレースは続いています。
あと、初めて見たんですけど、肩紐の背中の部分のバッテンニなる部分に、片方に「もう片方を通して位置を固定する布」が付いています。
つまり、「さらに肩紐がずれないようになっている」というわけです。

正面は、大きく丸く開いている形状で、腰部分に行くに従い細くなっています。
腰紐は後ろで結んであり、長さは普通で、先は剣状になっています。
エプロン部分は丸くなっていて、周囲はギザギザのレースが付いています。左右にポケットがあります。

スカートは膝丈でした。
足元は、ストッキングを履いているようには見えませんでした。 靴は甲の見える黒い靴でした。

メニューはパフェやサンドイッチなどの軽食から、パスタ、ハンバーグステーキ、ディナーコースまで取り揃えてあります。
飲み物は壁際のドリンクバーで飲み放題になっています。 しかし、ホットもコールドもコーヒー・紅茶くらいで、他にもウーロン茶、オレンジジュースしかないので 種類が少なめです。あまりお子様向けではありませんね。

何気なく「オムライス カフェローザ風」を注文してみたのですが、 さすがはホテルのレストランです!
テーブルに持ってきた後、店員さんが中央をナイフで開くと、 中からトロトロの半熟状態のオムレツがご飯(デミグラスソース)の上に広がるんです。

駅から30秒という好立地の為か、お昼時は満席でした。
オープンカフェのスペースもあって、穏やかな気候のときはそちらも良いかもしれませんね!
ホテル側と、駅側の2つの入り口があり、どっちから入っていいか、ちょっと戸惑ってしまうのが難点です。
私は、中央を横切って歩き、ホテル側の入り口に到着してからまた入ってみました。 店員さんは忙しいので、新しい客かドリンクバーの客か、なかなか判別できませんよね。

(2009-05-11)

  • 東京
CAFE ROSA カフェローザの制服のイラスト

totop