王立アフィリア魔法学院

改めて説明する必要は無いと思いますが、 「王立アフィリア魔法学院」 です。 池袋店は2005年10月1日にオープンしました。

その後、名古屋、大阪、上野、六本木、新宿に店舗ができました。 「魔法カフェ」というコンセプトの喫茶&レストランです。

書き始めると情報量が多すぎて大変なことになりますので、詳しく書かれたサイトを紹介しようと思います。
「アフィリア魔法学院未公認ファンクラブ@wiki」 というサイトがあり、有志の方々がお店のシステムや作法などをまとめてくださっていますので、 そちらの方にお任せしたいと思います。 行く前に読むと参考になります。っていうか、行ったことがある人も改めて読むと新しい発見があるかもしれません。

前回はマントを付けているバージョンを紹介したので、今回はマント無しのバージョンを紹介します。 (2013年現在で)8年経ちますが、女子の制服は変わっていません。
大阪店と六本木店だけは、男装の後輩がいまして、紺色ベストと灰色長ズボンの男子制服を着用しています。 (そちらもいつかは紹介したいと思います)

頭には白いレースのカチューシャを付けています、根元が紺色で、頭の左右には紺色のリボンを結んでいます。
冬はマントを付ける場合が多いですが、夏は暑いのかマントを付けない後輩がほとんどになります。
白いブラウスの襟の裾には細かいレースを付けています。 首元には灰色のネクタイを付けています、結び目には校章を付けています。 ネクタイといいますか、裾がギザギザになっていて、白いラインが2本入っています。
ブラウスの袖は灰色で、白いラインが2本入っています。

ブラウスの上には紺色のコルセットのようなベストを着ています。 胴回りと背中を覆っています。胸周りが開いているのですが、こちらも細かなレースで囲まれています。
そして、お腹部分は紺色のリボンで編み上げを作っています。
肩部分にはマントを付けるようの金色のボタンがあります。

スカートは灰色のプリーツスカートです。かなりミニスカートです。裾には白いラインが2本あります。
スカートの後ろ部分は縦に大きなスリットが入っていて、スカートの中のレースフリルが見え隠れしています。

足元は黒系のオーバーニーソックスを履いています。絶対領域ですね。太ももですね。わかります。
他にも、後輩それぞれのポシェットを持っていたりします。

前回の解説とほとんど同じですね。(泣)
やはり、男装制服を調査しないといけないようです。

お店の話題としては、常に満席近い先輩方でごった返しています。大人気です。
というのも、毎週のようになにかしらイベントがあり、さらに後輩の誕生日周辺にはバースデーイベントが開催されます。

季節のイベントや、アニメやゲームとのコラボレーションで後輩がキャラクターのコスプレをしていたりします。 (魔法写真のチャンスです)
最近はボーカロイドとのコラボとかもあったりしました。

お店の外の話題としては、後輩が集まって「アフィリア・サーガ」というアイドルグループを結成しています。
2008年の結成当初は「アフィリア・サーガ・イースト」という名前でしたが、(「東」とか「西」とか関係なくなった為か) 2013年2月に「アフィリア・サーガ」という名称になっています。2013年7月現在、メンバーは11人です。
そして、歌を歌い、CDを発売したりしていて、メンバーがラジオやテレビに出演していたりします。 曲を志倉千代丸さんと桃井はるこさんが担当していたり、振り付けをラッキィ池田さんが担当していたりして、 とてもユニークな楽曲になっています。
3歳や200歳の魔法使いが魔法を実演したりするので、テレビではかなり重宝されているようです。(笑)

先輩暦だけは長いぶんちょですが、いまだにホワイトランクです。(泣)
もちろん、ランクアップできるくらいのポイントはたまっていますが、あえてホワイトのままなのが、私らしいところです。(爆)

(2013-07-12)

  • 東京
王立アフィリア魔法学院の制服のイラスト

totop