アリスカフェ

新宿駅直結の「小田急新宿ミロード」の7階のレストランフロアにあります、 「お菓子の国のアリスカフェ」 です。
その名の通り、「不思議の国のアリス」をモチーフに、 お菓子の国に迷い込んだアリスのティーパーティーをイメージしているそうです。

2店舗ありまして、新宿は「お菓子の国のアリスカフェ」、有楽町の「イトシア」には「ダックス アリスカフェ」があります。 ちょっとだけ名前が違うんですね。
どちらも「ダッキーダック」の系列店ということで、看板の下の方に小さく「by Ducky Duck」と書かれていたりします。

店内はかなり可愛らしくなっていて、アリスなモノやお菓子なもので埋め尽くされています。 色も白やパステルカラーでいっぱいです。
フロアの中央にはスイーツバーがあり、お菓子のデコレーションでいっぱいです。マカロンの可愛さ。

店員さんは可愛らしい制服になっています。
「店員さんがアリス」というわけではなく、お客さんの方が「ティーパーティーに招かれたアリス」という設定のようです。

皆、頭にはカチューシャをつけていました。統一されたものは無く、それぞれでしたが、 リボンが付いていたりして、可愛らしさをアップさせていました。

白いブラウスはおしゃれです。首元はV字に開いていまして、その上には白いテープでリボンを結んでいます。
袖は6分丈くらいです。

パステルグリーンのエプロンは特徴的です。エプロン部分が丸くなっているのですが、フリルが幅広でふりふりです。
ポケットもとんがり気味で、白いラインが入っています。

ネームプレートは上半分が水色で店名が書かれていました。

スカートは正面から見ると巻きスカートのようで、実はキュロットスカートというアレです。色はベージュでした。

足元は、薄い白ストッキングを履いていて、黒い靴を履いていました。

今回紹介したウェイトレスさんの他に、ベストを着たフォーマルな女性店員さんと男性店員さんもいました。

メニューもパステル調で可愛くできています。トランプの4つのマークがちりばめられています。
1ページ目には世界観の説明があったりして、とってもメルヘンです。

メニューとしては、パスタ、ドリア、ケーキなどがあります。 それぞれセットメニューがありお得になっています。
ケーキ皿やティーカップ、ソーサーにはハートマークの穴があり、乙女チックです。 隣の席の女子達はとてもはしゃいでいました。
アリスの世界を堪能したいならば、紅茶を注文するといいと思います。 ティースプーンの頭が時計の形状になっています。メルヘンです。

とにかく女性は可愛いものが好きなので、お客さんの9割9分は女性です。しかもギャルです。
とはいえ、「スイーツ男子」というのも流行っていますので、男性の方も臆することなく行ってみるといいと思います。
ただし、女性に囲まれてつつ、変な目で見られても良いという度胸があればですけど。
まず、入り口に近寄ることがハードルが高いと思います。いやー、緊張しました。(笑)

(2013-09-03)

  • 東京
アリスカフェの制服のイラスト

totop