新宿スカラ座

新宿にある老舗喫茶店 「新宿 スカラ座」 です。
「小田急エース」 というところにあります。
「小田急エース」というのは、新宿駅西口付近の地下街・ショッピングモールです。
場所柄もあり、早朝から開店しているお店も多いです。
その中でもやや遅い時間(8時)に開店します。遅いと言っても、会社前の朝食には十分な時間です。

もともとは新宿歌舞伎町にあった「スカラ座」ですが、2002年に一旦閉店となりまして、 2003年にこちらに移転してきた、という状況です。
歌舞伎町でのオープンは1954年ということで、55年の老舗喫茶店です。 店内のレトロで重厚な雰囲気、赤くふかふかなソファー(ちょっと毛羽立ってる)、床の赤いタイル。「昭和」です。

映画館の「新宿スカラ1・2・3」は2007年2月8日に閉館していますが、こちらとの関係は分かりません。 距離がちょっと遠かったですよね。

制服も昔のままかわかりませんが、2009年現在はこのようなベストになっています。 大人っぽいとも取れますし、「映画館の従業員」の制服のようにも見えます。 考えすぎですかねぇ?

頭には何もつけていませんでした。髪が長い人は後ろで結んだり、さらには網でまとめている人もいました。
白い長袖ブラウスの襟はややトンガリ気味です。首元には黒い蝶ネクタイを付けています。 喫茶店風ですね。

黒いベストには金色の縦ラインが入っています。金ラインはけっこう太いもので、2本セットになっているものが、 前面と背面の全体に入っています。 正面のポケットの部分と背面の腰部分のサイズ調整ベルトの部分だけガラが横になっています。
正面には黒いボタンが4つ付いています。

ズボンは細くて真っ黒な長ズボンで、黒い靴を履いていました。

背か高い女性は男物のベストを着ていたり、キッチンっぽい人は、黒いロングエプロンを着けていたりと、 さまざまなバージョンが見られて面白かったです

喫茶店ですので、珈琲、紅茶プラス、ケーキやサンドイッチ、ピザがおいしそうです。
ドリンクは600円から、ケーキセットが850円というお値段です。
喫茶店ということで、喫煙者が多いですが、それに負けなければ、優雅な動きをする店員さんをじっくり観察できます。

閉店が23時なのですが、新宿という場所柄もあり、閉店時間ぎりぎりまで混雑しています。
っていうか、私が探索ツアーのシメに使おうとして、21時に行ったらガラガラで、 「あれ?閉店間際?」と思いながら入ったのですが、22時くらいからお客さんが増え始めました。
みんな、他のお店を追い出されて、「まだ終電まであるから、ちょっと休んでいくか」みたいな使い方をしているようです。

新宿は選択肢が多くて良いですね。 西口は「新宿スカラ座」、東口には「カフェグレ」があります。
どっちに行くか迷ってしまいますよ~

(2009-07-01)

  • 東京
新宿スカラ座の制服のイラスト

totop