しろくまカフェ

アニメで大人気の「しろくまカフェ」が東京の高田馬場に出来ました。リアル店舗
「しろくまカフェin TAKADANOBABA」 です。
2012年12月8日(土曜日)にオープンしました。

元は漫画の作品でしたが、2012年4月から2013年3月までアニメ化され、その可愛さにより女子の間で爆発的に人気が出まして、 とうとう、リアル店舗まで出来てしまいました。
高田馬場のお店は、もともと喫茶店だったのですが、公認カフェとして「しろくまカフェ」になっています。 入り口には「POLAR BEAR'S CAFE」の大きな看板と、白いパラソルがあります。

その他、2011年7月1日から8月31日までは大阪心斎橋「ホテル日航大阪」で、 2012年6月2日かから7月29日までは「ナンジャタウン」で、2013年2月5日から2月11日までは「さっぽろ雪まつり」 で限定カフェとして存在していました。(これらの店舗について、制服がどうだったかはわかりません)
イベントとして、「渋谷パルコ」「namco大阪日本橋」でグッズ販売などのショップがありました。

私は何気なく「面白そう」と思って高田馬場へ行ってみたのですが、 なんと、「しろくまカフェ」の作中でしろくまカフェで働いている笹子さんにそっくりな店員さんがいるではありませんか。
さすがに、リアル白熊が店員をできるわけがないのでいませんでしたが(あたりまえです)、 2013年5月3日から5日までは、笹子さん、半田さん、リンリンさんに扮したカフェスタッフと一緒に記念撮影するイベントがあるので、 作中での人間の主要キャラクターは積極的に取り入れているようです。

私が訪れたときは、普通の店員さんが2人、笹子さんが1人いましたので、それを描いてみました。

頭には赤い三角巾を付けていました。アニメと同じように、赤い布に黄色(?)の格子ラインが入っていました。
そして、三つ編みまで再現されていました。すばらしい!!

白い長袖シャツの袖をまくっているのも、忠実に再現されています。ここらへんが感動モノです。
シャツの首元も、ボタンを開けていたりしているのも同じです。

黒いベストの左胸には金色のネームプレートを付けていました。
こげ茶色(黒かも)のロング丈エプロンの下には黒いズボンを履いていました。

三角巾以外は、男性店員も同じ服装でした。

システムは、一般的な珈琲店のように、最初にカウンターで注文してから自分で席に持って行くスタイルです。
店内は禁煙ですが、喫煙室があったり、キッズルームがあったりしました。 そちらのほうは森の中のような壁紙で良かったです。

メニューとしても普通のレストランくらい豊富にありますし、見た目は普通です。
メニューのネーミングが「ペンギンさんの○○」などとなっているくらいです。
ドリンクがめちゃ安くて、250円から300円です。 パフェなども550円くらいですし、フードも400円から980円くらいです。 すごい安いです。都内なのに。
アニメとコラボしているお店は、普通だったら、ごにょごにょ…。

平日はかかりませんが、土日はサービス料として200円が追加されます。
とはいえ、ドリンクを注文するとここでしか手に入れることのできないコースターをもらえてしまうので、それを考えたらなんてことありません。
コースターのデザインは数ヶ月で変更になるのですが、良い作戦だと思いました。

残念なところは、テーブル席ばかりで、店員さんと対面するカウンター席が無いことです。
カウンター席に座れるんだとしたら、胸アツですよ。「笹大盛りで」って言っちゃいますよ。

お店に入ったらすぐ左にはグッズ売り場があり、たくさんのグッズやDVDが置かれています。
オリジナルネームシール機がありますので、自分の名前が入ったシールを作ることが出来ます。 種類がたくさんありますのでみなさんもやってみると良いと思います。 私なんて2つも作っちゃいましたよ。てへぺろ。

(2013-05-01)

関連ワード
  • 東京
しろくまカフェの制服のイラスト

totop