ベビースター

「ベビースターラーメン」の新ブランド 「I LOVE BabyStar」 です。

2015年2月のバレンタインに合わせたチョコレート菓子を販売していました。
取り扱い店舗は、大丸東京店、大丸浦和パルコ店、松坂屋名古屋店、松坂屋豊田店、松坂屋静岡店の5店舗だけだったそうです。
私は名古屋店のバレンタイン催事場の中で見つけたのですが、人通りの多い位置にあり、 常に20人程度の行列ができていました。

ベビースターを作っている「おやつカンパニー」は三重県津市の企業だということは知っていたのですが、 いきなりの変わりようにビックリしました。

どのようなチョコレートになっているかというと、 あのベビースターラーメンにチョコレートを絡ませてクランチっぽくなっています。 食べやすいように一口サイズです。
チョコクランチは「ビターチョコ×チキンめん」「ミルクチョコ×チキンめん」「オレンジチョコ×塩めん」「苺チョコ×塩めん」「小倉トーストチョコ×甘めん」「抹茶チョコ×塩めん」 の6種類ありまして、各10個入り600円でした。
なかなかのバリエーションを取り揃えています。「どんな味かな?」って手を伸ばしたくなること請け合いです。インパクトがあります。
ただし「本命チョコにはオススメしません」と自ら言っているので、オシャレに成りきれないことは自覚しているのでしょう。(笑)

いつから話題になっていたのか知りませんが、会場内で一番の行列が出来ていて、それをさばくためか店員さんの数が8人くらいいました。
バレンタイン限定にしては制服が揃っていて、ベビースターっぽい黄色で統一されていたので、もちろん調査してきました。

頭にはつばがある黄色いベレー帽をかぶっていました。
髪が長い人は、首の後ろに白いネットを付けてその中にまとめていました。

薄い黄色のベストと黒いタイが特徴的です。
タイは先が太くなりつつ剣状になっています。交差部分はパールのようなボタンで留めています。
ベストの前合わせは金色のボタンが3つありました。

あとは黒いエプロンと黒いズボンと黒い靴でした。

人通りの多い交差点部分で通路にまで店員さんが飛び出して試食を配りまくっていたので、かなりの行列になっていたようです。
店員さんもたくさんいたので、余裕で制服観察できました。てへり。

それにしてもベビースターはいろいろ展開していたのですね。
神奈川県横浜市にある「横浜博覧館」にも「ベビースターランド」というブースがあり、 各種ベビースターラーメンの商品を販売しているだけではなく、 製造工程を見学できるほか、限定プリクラまであるんですね。日本でココだけにしかない限定プリクラですって。

というわけで、 バレンタイン限定にしておくにはもったいないくらいのお菓子(と制服)の紹介でした。

(2015-04-06)

  • 東京
  • 愛知
ベビースターの制服のイラスト

totop