カフェレストラン ふる里

名古屋の栄にある 中日ビル の地下2階にある喫茶店 「カフェレストラン ふる里」 です。

「ふる里」もしくは「Furusato」という喫茶店は名古屋にはいくつかあって、 「ふる里グループ」というらしいです。
以前紹介した(現在は閉店)「ファミリーレストラン ダック」もふる里グループでした。
他の店舗は詳しくありませんが、名古屋駅近くの地下街の「ふる里」の制服も、 こんな感じだったと記憶しています。

昔ながらの喫茶店、という雰囲気です。内装も天井も「やや豪華」な部類に入ると思います。
地下街から中日ビルに行く通路にありますので、人通りが多いせいもありまして、 広い店内にもかかわらずお客さんは常に多いです。
それにもかかわらず、店員さんは少なかったりします。
いつもは、おばさん(しかもちょっと違う洋服)とか店長さん(男)が多いんですけど、 たまたま、ウェイトレスさん2人が2人とも同じ服装をしていたのを見つけて 「ををっ、これが制服か」と思って調査してみました。

制服は、喫茶店らしい制服です。

頭には何も付けていませんでしたが、髪が長い人は後ろで結んでいました。 (これぞ、喫茶店の制服、といった感じです)

ブラウスが良いですよね~。縦にピンストライプの柄です。それも、やや太い1本と、細い2本の組み合わせが交互に出てくる柄です。
襟も、ウイングカラーになっていまして、フォーマルさを出しています。
首元には黒いリボンが付いていて、中心には黒いブローチ(?)になっています。その周辺は白い小さい丸が綺麗に並んでいます。 (小さいので、よく見ないとわかりませんけど)
なので、右のイラストよりも、実際の柄は薄い見え方になってます。

黒いリボンも、下側が可愛くカットされているタイプです。萌えですね。
ブラウスのポケットの上には黒い刺繍で「Furusato」と書かれています。
ブラウスは長袖だと思うんですけど、袖をまくっていたので、そのように描いてみました。

スカートは黒で膝下くらいの丈でした。後ろにはスリットがありました。
エプロンはやや灰色になっている黒エプロンで、フレア仕様になっています。左右にあるポケットの底は丸い形状でした。
エプロンの左腰の部分にも「Furusato」のロゴが白い刺繍で入っています。

足元は、全員黒いニーソックスと、黒いナースサンダルでした。歩きやすそうですね。

喫茶店でして、ケーキセットとかでくつろぐ人も多いですが、 エビフライ定食とか、かつ重とか、食事をするのもOKです。 なかなか早く料理が出てきます。

名古屋といえども、地下街は閉店時間が早いですが、 栄店は結構遅くまで営業しています。(中日ビルとの関係でしょうか…)
閉店時間は21時なんですけど、オーダーストップ後、速やかにお会計モードに入るので、 長居はそこそこにしておきましょう~。

(2008-02-08)

  • 愛知
furusatoふる里の制服のイラスト

totop