KIEFEL キーフェル

大阪にはたくさんありますが、渋谷や横浜にも店舗があったりする喫茶店 「KIEFEL(キーフェル)」 です。

一言に「キーフェル」と言っても種類がいくつもあるので注意が必要です。 「KIEFEL」「喫茶館キーフェルグローバルクラブ」、小文字で「kiefel cafe dining」というのも多いです。
「カフェ キーフェル ポワセゾン」は難波の駅前の高島屋の3階にあるのですが、そちらもオススメです。

今回は普通ではない方の「キーフェル」、「喫茶館キーフェルグローバルクラブ 梅田店」 の制服を紹介したいと思います。
場所は梅田の地下街「Whityうめだ」の真ん中辺りにあります。 ちょっとレトロな外観の喫茶店を見つけたら、 そこが楽園への入り口です。
すべてのキーフェルを見たわけではありませんが、制服は店舗ごとに異なるような状況なので 今回紹介する制服は「グローバルクラブ」だけかもしれませんし、別なところにひょっこり採用されているかもしれません。
未確認ですいません。

頭には何もつけていません。
黒いワンピースは襟と袖先と正面だけ白くなっています。 襟は首前で結べるようになっています。

正面の中央部だけ白いです、背中は真っ黒です。
正面のボタンは数種類あるようですが、半透明ですみれ色で花形のボタンを付けている人がいたので それを描いてみました。
どういう分類分けをされているかわかりませんが、ボタンのみ違うというバージョンが数種類ありまして、 他の種類は、花形で黒いボタン、丸くて黒いボタン、がありました。

エプロンはフレアな丸形状で、ポケットも丸くなっているのが特徴的です。
左右にあるポケットはそこ部分が丸くて、口がやや中央を向いています。

スカート部分の丈が意外に短く、ニーソックスを履いているにもかかわらず足が見えていましたので、 世界3大戦略の一つ、「絶対領域戦略」を活用してくるとは、さすが商人の街、大阪ですよ。

キーフェルは喫茶店であり、コーヒーがメインですが、ランチメニューがお得で、 パスタやロコモコ丼+サラダ+ドリンクが850円という値段で食べることが出来ます。
さらにケーキをプラスするセットもあったりして、満足度たかし君です。

そんなにセットを注文してしまうと、食器の数が多くてテーブルを占領してしまうせいか、 店員さんは食器が空いたらすぐに下げてくれます。
テーブルが広くなって、制服チェックがしやすくてかなり快適でした。(笑)

大阪では長年愛されている喫茶店ですので、私が行ったときもほぼ満席でした。
入ってから30分くらいで出て行く人も多いのですが、それ以上に入ってくる人も多いです。
長く居座る人も多いと推測できますので、 トータルで大阪民に大人気ということです。
一応、禁煙席と喫煙席が分かれていますので、 煙が気になる人も利用しやすいですね。

(2012-10-11)

  • 大阪
キーフェルの制服のイラスト

totop