ファミリー食堂

京都で偶然見つけました。
阪急京都線烏丸駅もしくは地下鉄烏丸線四条駅からすぐのデパート「大丸京都店」の8階にあるレストラン 「ファミリー食堂」 です。
偶然というには昔からあるらしいレストランですので、私の情報の無さを痛感です。

昔はどのデパートの最上階にも「食堂」という雰囲気のレストランがあったものですが、 最近ではレストラン街に取って代わられていますが、京都では「ファミリー食堂」が健在でした。
ネーミングがストレートなのも懐かしさと安心感がありますね。

お店に入ろうとしてハッとしたのが、入る前に食券を購入してからでないと入れなかった事です。
このシステムも「食堂」を感じさせます。

ちょうどお昼時でしたので食券を買う列も20人ぐらい並んでいましたし、 店内に入る列も20人程度並んでいました。
一瞬だけ入ることを躊躇したのですが、(私がこの制服と取り上げないわけには行かない)と思い、悠然と列に向かって歩き出すのでした。

頭には何もつけていませんでした。
黒いワンピースがとてもウェイトレスさんぽいですね。

襟は白く丸襟で、金色のバッヂを付けていました。 小さいのでよく確認できませんでしたが「TFT」と書かれているように見えました。(後述します)

ワンピースの黒は本当に黒く、まったく光を反射して無いように見えました。
背中チャックになっていて、襟の後ろ側も丸くなっていました。

白いエプロンは正面にとんがりがあり、ややフレアに広がっています。 エプロンの後ろ側で90度の角になっています。(丸くなっていないという意味です)
スカートは膝上丈くらいでした。

足元は、黒いハイソックスもしくは短めの靴下でした。
靴は全員黒い靴を履いていました。

女性店員は全員この制服でしたが、男性店員はかっこよく、白ベストを着ていてホテルマンみたいでした。

「TABLE FOR TWO(TFT)」とタイアップしていて「TABLE FOR TWOメニュー」というのがいくつかありました。
これは「開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む」というキャンペーンで、 そのメニューはカロリーと栄養を考慮したヘルシーなメニューであるだけでなく、 1食につき20円がTABLE FOR TWOを通じて開発途上国の子どもの学校給食になるというものです。

デパートの大食堂といえば「お子様ランチ」が特徴的ですが、 ここでは「大人のお子様ランチ」というメニューがありました。 「お子様ランチを食べたい」という大人が多かったのでしょう。
しかし、現在はそのメニューはありません。さすがに「矛盾した名前」のメニューを置くことは出来なかったのでしょう。

列に並び、ようやく店内に入り席に座ると、食券の半券を回収され、残りの半券にはハンコをおされます。 注文した商品を持ってきたときに残りの半分を回収されました。
200人は入ろうかと言う大きなレストラン(公式サイトでは130席)ですので、注文間違いが無いような工夫がされているんですね。

デパートの大食堂ですので、メニューは種類がかなり豊富です。
和洋中、なんでもあります。 カツ丼、親子丼、天ぷらそば、うどん、カレーライス、オムライス、スパゲティ、ハンバーグ、ステーキ、サンドイッチ、ラーメン、ちゃんぽん麺、酢豚、 デザートはホットケーキ、パフェ、サンデー、あんみつ、ぜんざい、ソフトクリーム、 ドリンクはコーヒーやコーラなどが350円からでありますし、 ビールやお酒が400円前後であるために、かなりの人気店なのです。
家族連れの大人数となると、やはりなんでもある方が重宝されるのです。

(2014-03-28)

  • 京都
ファミリー食堂の制服のイラスト

totop