にしむら珈琲

神戸を中心に展開する珈琲店、 「にしむら珈琲」 です。
兵庫県に10店舗、大阪梅田に1店舗あります。
店舗ごとに営業時間が異なるのですが、だいたい朝9時から夜11時まで営業しているのも特徴的です。 昔ながらの喫茶店は、遅くまで営業していることが多いですよね。

どうせ行くならということで、私は「中山手 本店」に行ってみました。
1948年に開業し、2006年に改装していますが、神戸三宮駅からちょっと歩いたところに、 いまでも変わらずにレトロな外観のビルを見ることが出来ます。
内装ももちろん北欧風を貫いていて、こげ茶色な木の椅子やテーブルで落ち着いた雰囲気です。
「神戸」がここにはあります。
1階は喫煙フロアで2階は完全禁煙フロア、3階は多目的な貸切フロアとなっています。

制服も特徴的です。
まず、エプロンが見たこと無い感じになっています。

頭に付けるものはありませんでした。
ワンピースは襟がとても大きいです。 白い大きな丸襟は背中側も大きく垂れています。 背中チャックなので襟の真ん中に切れ目があります。

エプロンの胸当て部分は正面の金色のボタンで留めています。
実はこの金色ボタンは正面に6つあるのです。ですが、大きな襟とエプロンに隠れていて、 2つしか見えないという状況です。

左袖には赤いワッペンを付けています。
コーヒー豆を挽く機械のイラストと、白い字で「にしむら」のロゴも書かれています。

エプロンは白と青のストライプになっています。位置によって縦縞か横縞かがあります。
エプロンには左右にポケットがあり、ポケットは横縞です。 ポケットの下には紺色のラインがありました。

スカートの丈はエプロンよりもちょっと長いくらいの長さで、膝丈くらいです。
足元は白いタイツと黒い靴を履いていました。

コーヒー専門店ということで、コーヒーの種類がたくさんあります。
ブレンドコーヒー(530円)が基本になると思うのですが、ブルーマウンテンやキリマンジャロやブラジルやケニアの 豆でのコーヒー、アイスコーヒーやカプチーノなどもあります。

喫茶店ということでトーストのメニューも多いですし、ケーキもたくさんの種類があります。
パフェなどもあります。
モーニングセットもあり、サラダやトーストやベーコンエッグがついて750円くらいです。

神戸では親しまれているお店ですので、お客さんは年配の方が多いです。
年配のお客さんの傾向として、ものすごく居座る、もしくは、すぐに立ち去るという両極端になりやすいと思います。
でもそれはゆったりできるということを意味していますので、ゆったりを期待するお客さんで待ちが出来ているようです。

(2013-03-03)

関連ワード
  • 関西
にしむら珈琲の制服のイラスト

totop