月天

「月天」です。
2004年9月14日にリニューアルオープンとなりました。
なにもなかったかのように、普通に営業しております。
しかも、週末は予約しないと入れないくらい満席の状態です!
オフ会などで行く場合は、事前に確認することをオススメしますよー。
「大須に巫女は永遠なれ」ですよ~(笑)
以前の紹介文はそのまま下に置いておきます。
(2006-02-21)

「がってん」と読みます。

そのスジの人には超有名な巫女さん居酒屋さんです。
いや、「でした……(遠い目)」です。

2003年2月2日をもって閉店されてしまいました。非常に残念な事です。

「名古屋へ行く」ということは、「月天」へ行く、とイコールだったわけですよっ!(大げさ) なのになのに……
私が三重県に引っ越してきたのは何のためだと思ってるんですか?(意味不明)

店内は暗くて狭くて、思う存分巫女さんを堪能できないようになっていましたが、それは仕様です。
周りをよく見ると、同じ目的で来た、 ファーストインプレッションで「それ」とわかる人ばかりだったはずです。(爆)
思う存分巫女さんを堪能させないようになっていたのです。(爆)

さて、一見巫女さんまんまですが、朱色のはかまと同じ色でサロンエプロンをしています。ちょっぴりおしゃれです。(笑)

あと、ランダムでお邪魔キャラ(神主さん)も出てきました。ある意味、お邪魔キャラがいるからこそ、永久パターン が阻止され、ゲーム性のある「巫女居酒屋」だったのかもしれません。(笑)

「お客様は神様です、なんなりとお申し付けください」というセリフを巫女さんが最初に手を合わせながら 言ってくださるのですが、その姿に何人の神様が心ときめかせたことでしょう……(もちろん私も八百万の神々の一人でした(笑))

料理はとても凝っていておいしかったですよ。

(2003-02-15)

  • 愛知
月天の制服のイラスト

totop