MAID'S焼肉ダイニング黒兵衛

「MAID'S焼肉ダイニング黒兵衛(くろべえ)」です。
名古屋の中区栄に、2008年7月10日(木曜日)にオープンしました。
場所的には、丸栄とナディアパークの間くらいの位置で、住吉通りにあって、 となりが「ちゃんこダイニング若」 です。(行ってみて、びっくりしました。元横綱・花田 勝さんのちゃんこのレストランです)

ちゃんこはさておき、焼肉です!そして、メイドさんなのです!
なんと、「上」とか「特上」のお肉を注文すると、メイドさんが直々に肉を焼いてくれるのです。 これであなたもご主人様気分ですよ!
(そして、会話のチャンス!)

メイドさんの名札には、「名前」「星座」「趣味」が書いてあり、 それらの情報をたよりに、会話モードに突入することができます。
わたしが行ったときは、「趣味:カラオケ」という人が多かったです。 カラオケ好きな人なら…と思ったのですが、「よく歌うのはなんですか?」「あゆとか…」
はう~ん。普通すぎて、オタクのアンテナには引っかかりません!(泣)
(オタクじゃないメイドさんがほとんどです、注意!さすが栄クオリティです)

さて、制服であるメイド服ですが、全員この服で統一されていました。
ミニスカートで絶対領域が標準とは!

頭には2重フリルのカチューシャです。2枚とも、黒い縁取りがされています。
首にはチョーカー。黒い胴に上下に白いレースがついています。 どうやら後ろでマジックテープでとめているようです。

黒いワンピースは背中にチャックがあります。 かなり大きく前側が四角く開いていて、周囲を黒いレースで縁取られています。
パフスリーブの袖の裾だけ白くて、さらに外側には白いボタンが付いています。
スカート部分は特徴的で、ミニサイズですがフレアになっていて、裾部分は白で縁取りされています。 さらに、スカート部分が2重になっています。内側のスカートの長さがちょっと長めになっています。 どうやら、腰の部分からスカートが2枚の布になっています。

白いエプロンは胸当てがあるタイプで、 ワンピースの襟ぐりがちらりと見えるような緻密な計算がされています。(笑)
肩紐の部分のフリルは、胸の上の方から背中の途中までの長さでした。 腰紐の布の幅は広く、5センチ程度あります。これは、お尻のリボンを大きくするという緻密な計算がありまして、 やはり、リボンも大きめに、きれいに結んでありました。すばらしい!拍手!
リボンにこだわる人に悪い人はいません!
エプロンにポケットは無く、左腰部分に大きめな名札を付けていました。
名前の他に「趣味」の欄があるのは、居酒屋っぽくて軽い感じがしますが、 それも「サービスの一環」と解釈します!

メイドさん全員、膝上の黒いオーバーニーソックスを履いていて(しかも足が細い人ばかり)、 絶対領域がまぶしいです。椅子に座っていると、立っているメイドさんの足が ちょうど気になる高さなんですよねー(爆)
靴も統一されていて、黒いつやのある革靴で、甲の部分にバンドがあり、 外側に大きな丸いボタンがありました。

ドリンクが600円前後とお手ごろなので、何杯も頼んじゃいそうです。
メイドさんがグレープフルーツを目の前でしぼってくれる、生絞りサワーもありますよ。
焼肉メニューとしては、普通程度だと思われるのですが、 やはり「メイドさんに焼いてもらおう」と思うと、2倍くらいの値段の「特上」を頼んじゃったりして、 結構なお値段になることがしばしばあると思います。(笑)
でもそれは、メイドさんにかいがいしくお肉を焼いてもらった、正当な対価だと思いましょう。
メイドさんに焼いてもらったお肉は、自分で焼くよりも100倍美味しいですよ!

あともう一つ、このお店には公式HPが無いんですよねー
それにもかかわらず、満席になりそうなほどの盛況(最初のころ)らしく、 なにか、メイド系の情報網の強大な力を感じずにはいられません!(笑)

(2008-07-28)

  • 愛知
MAID'S焼肉ダイニング黒兵衛の制服のイラスト

totop