カレルチャペック紅茶店

愛知県名古屋の栄にあるラシック地下一階で発見しました! 「Karel Capek カレルチャペック紅茶店」 です。

東京に本店がある紅茶専門店で、東京以外では名古屋のラシックにしか直営店がないんですって。
吉祥寺とか恵比寿とか自由が丘とか、いかにも「オシャレです」みたいな場所にお店があります。
もちろん、栄は300%オシャレです、無いほうがおかしいってものです。(笑)

制服としては、ブラウスとエプロンなのです。 正面から見ると、スカートのようですが、エプロンよりも短いスカートを別に履いているので、 こんな感じに見ることが出来ます。

頭には何も付けていませんでした。
白いブラウスは丸襟で、半袖の袖口が変わっていて、外側で花びらの様に重なっています、ボタンは見えません。 (折り返しているようです)
正面には左右に3本3本のピンタックがありました。

襟元には薄いピンク色の水玉模様の赤いリボンをつけています。
子供っぽさが300%ですね!
左胸のポケットのそばに付けている名札もコップの形状をしているのですよ。

エプロンは、膝下丈のこげ茶色のエプロンで、正面で腰紐を結んでいます。 右腰の部分に黄色でロゴが描かれていました。
スカートは店員さんごとに違っていましたので、おそらく「自前」だと思われます。
ふりふりで膝上丈くらいの人ばかりでしたので(さすがオシャレ女子)、 エプロンの方が丈が長くなってしまう、という状況のようです。

調査したのが冬だったせいか、黒いタイツを履いている店員さんばかりでした。

制服もかわいいのですが、店内がかわいいのです。 まるでシルバニアファミリーのような小さな家の中に入っているみたいな。
そうなんです!!カレルチャペック紅茶店というのは絵本作家の山田詩子さんが 作ったお店で、商品や店内のいたるところに可愛らしいイラストが描かれているのです。

このお店をラシックで見つけたときは「キタコレ!」と思っていたのですが、 すでに4年前からあるお店ということでした。
地下1階はレイアウトやお店が頻繁に変わっていたので、「なんかあるな~?」 と思ってはいたのですが、このお店だけは気付かなかったようなのです。
私としたことが…なんたる不覚。

紅茶は、かわいらしくフレーバーティーが多いです。
アップルとかバニラとかミルクチョコレートなどなど、想像するだけでよだれが出そうな名前です。

紅茶に合うお菓子として、ビスケットを売っているのですが、 カップの形状の 「カップくん」 というビスケットがめちゃめちゃ可愛かったです!(笑)
(おでこにしわがあるような顔で、ちょっとおじいさん的)
ほどよい硬さで、紅茶に合いますぞ。

東京の店舗の制服は名古屋と同じかどうかわかりませんが、 同じだったらいいな!と思います!(300%希望!)

めちゃめちゃかわいいお店と紅茶なので、お土産に最適だと思いました!

(2010-03-06)

  • 東京
  • 愛知
Karel Capek カレルチャペック紅茶店の制服のイラスト

totop