味乃宮川

千葉県船橋市の船橋駅の駅ビルTOBU の7階のレストラン街で発見しました、 「うなぎ 和食 味乃宮川」 です。

うなぎや和食の専門店で、うなぎをさばくというのはかなり熟練を要するわけで、 つまり、お値段も少々するかも?というお店です。
「味乃宮川」は 船橋のほかにも 吉祥寺 や、 池袋 や、 八王子 にあるようです。
が、おなじ制服なのかは確認していません。

制服は、オーソドックスなジャンパースカートのように見えますが、 ブラウスとの組み合わせが良いと思いました。

頭には何もつけていません。
白いブラウスに、荒い縦ストライプの柄が入っています。襟だけは全部白色です。
背中の肩の部分だけは横ラインになっています。
正面のボタンは、黒と灰色のまだら模様なボタンでした。
袖口も横ラインになっています。

黒いジャンパースカートは少し通常と構造が異なっており、 エプロンの腰紐に当たる部分が無く、 前あての布のサイドから脇の下を通るように曲線のある布が出ていて、 後ろでちょうちょ結びをしています。
リボンの先は剣状に尖っています。
背中の鎖骨の部分まで布があり、チャックで閉じています。 どちらかというとワンピースに近いくらいの布があります。

スカート部は結構フレア仕様です。布が多く、ひらひら率が高いです。
足首が見えるくらいの長さがあります。

店員さんは2人いましたが、2人とも黒タイツを履いていました。
靴は甲が広くあいていて、細いバンドがある黒い靴でした。

和食ですし、少々お値段がするお店で、年配を対象としていると思われるのですが、 見る目が厳しい人と多く接しているせいか、 接客はかなり丁寧でサービスも充実しているようですよ。

うなぎ重箱(松)を注文してみましたところ、 「大盛りに無料で変更できますよ」と店員さんから言ってきてくれました。
もちろんご飯の量がちょっと増える程度だと思いますが、 「若い人は、多いほうが喜ばれるので」と言っていました。
邪推するならば、「普段はご飯の量が少なめに節約」ですが、 お年寄りや女性にとってはそれの方が良いわけで、 「親切心で大盛りも無料にしていますよ」ということを、店員から言うことで 「なんかお得感」を与えるサービスになってます! (←ココまでが邪推)(笑)

しかも、注文してから5分くらいで料理が運ばれてきました。 5分前までがどの程度の状態だったのかはわかりませんが、 「料理を早く出す」というこのサービスはちょっと感動物です。
専門店ならではの技がありそうですね…
おそらく、4人組とか集団でのお客さんのほうが多いはずですから、 1人程度のウナギなど、5分くらいで焼けないと、 大人数での調理なんてさばききれないのでしょうけど…

ウナギは大きいし柔らかいし、ご飯もふっくらで美味しかったですよ。
さらに、お茶が減っていたら頻繁に注ぎ足しに来ていましたので、 (店員さんがもっと若い人ばかりだったら)かなり繁盛するお店だと思いますよ。 (本音がつい出てしまいました)(笑)

(2010-02-15)

関連ワード
  • 千葉
うなぎ 和食 味乃宮川の制服のイラスト

totop