Repostopia(ルポリア)

神奈川県横浜にあるメイドカフェ 「Repostopia(ルポリア)」 です。
場所を説明したいのですが、なかなか目印となる所がないので難しいです。
横浜駅から「メイドカフェ HoneyHoney(ハニーハニー)」の方向へ歩き、
その先の「岡野公園」という大きな公園を見つけたら右に曲がってまっすぐ行った先の川沿いにあります。
川沿いにあることがわかると、たどり着けます。きっと。
2階にありますので、外の階段を昇る途中に「Repostopia」の立看板を見つけることが出来ます。
目印はそれくらいですので、近くに行かないと素通りしてしまうようなお店です。

2020年2月29日にオープンしました。
店名の「Repostopia(ルポリア)」の意味ですが、『Repos』が癒し、『Topia』が唯一の場所という意味なんですって。
店員さんは「ご主人様、お嬢様を癒すため、天界から舞い降りてきました天使で、心よりご帰宅をお待ちしております。」という物語があるそうです。
神奈川県も外出自粛要請期間がありましたので、2020年4月9日から5月26日まで休業していました。

2階に昇ると、ドアに小さく「この扉からお入り下さい」と書かれていますのでドアを開けて中に入ると、なんとびっくり、またドアがあります。
小さな個室みたいな空間に閉じ込められ、前後にドアがある状態です。
床には「Repostopia」のロゴが書かれた大きな玄関マットが敷かれています。
ドアの横にはご主人様に向けたRepostopiaのシステムや注意事項が書かれた本が置かれています。
その説明書を読んでいるだけでは部屋に閉じ込められたままです。
ドアの横にインターホンがあるので、それを押すと、ようやくメイドさんがドアを開けてくれます。

2020年5月以降は店内に入る前に検温と手の消毒を促されます。
ドキドキしながら検温された後、中に入ると広い店内にカウンターが2箇所に設置されています。
円弧上のカウンターで、メイドさんを取り囲むような席配置になっています。
店内はアンティーク調で統一されていて、円弧カウンターも茶色ですし、床も茶色です。
壁紙はフランスチックな模様で、窓のカーテンが赤でゴージャスな柄も入っています。
教会をイメージしたお屋敷だそうです。
入口左の壁にはとても大きな天使の絵が飾られていて、天井は真っ赤になっています。

壁には棚が備え付けられ、お酒の瓶が並べられています。
窓際にはひとつだけテーブル席があります。茶色のゴージャスなテーブルで、ソファも模様や飾りがたくさん付いているクラシックなソファです。
同じ柄のクッションもたくさん置いてあります。
通常はカウンター席を使用しますが、希望すればテーブル席に座っても良いそうです。

メイドさんの制服は、落ち着いたロングスカートのメイド服になっています。
頭にはレースのカチューシャを付けています。
正面のレースは茶色いテープを通したはしごレースになっています。頭の左右でちょうちょ結びを作っています。
首周りと前合わせ部分はレースで縁取られています。長袖の袖口は白になっていて、茶色いボタンが3つずつ付いています。
ロングスカートは床に付きそうなくらいの長さですが、エプロンも同じくらい長い白いエプロンです。
肩には大きなフリルがあり、お腹部分には茶色い紐で編み上げを作っています。
背中側で大きなリボン結びを作っています。
ただロングスカートメイド服というだけでなく、仕草も優雅で、急いだり走ったりすることはありません。
いつも背筋をビシっとして私達を見守ってくれます。

「Repostopia」はシステムが複雑で、会員かどうかでいろいろと変わってきます。
初めての場合は、チャージ料+1ドリンク制となっていて、さらに最大1時間までしか滞在することが出来ません。(女性は2時間まで)
注文できるメニューは会員と同じなので、頻繁にご帰宅するのでなければ非会員でも何ら問題はありません。

会員になるには会費を払うことで入会することが出来ます。その日から1ヶ月が有効期限となります。
(ホームページには詳細が載っていないのでこのページでの公開は控えます)
積極的に勧誘されるわけではないので会員にならなくても良いような気がしますが、何度もご帰宅する予定があるのであれば会員になる方がお得です。

会員かどうかとは別にポイントカードもあります、1来店につき1ポイントで、雨の日の場合は2ポイントとなっています。
5ポイント貯めるとフードプレゼント、10ポイントでランダムチェキプレゼントという特典があります。

メニューはフードもドリンクもかなり力を入れています。
イベリコ豚の厚切りベーコン、骨付きフランク、ムールの白ワイン蒸しなどが目に入ってきますが、
「エンジェルオムライス」がおすすめです、目の前でケチャップでお絵描きしてくれます。
パスタも種類がたくさんありますが、おつまみ的なフライドポテト、チーズ盛り合わせ、サーモンのイタリアンサラダ、カットトマトなどもあります。
専属シェフが料理を作っているそうで、料理はおすすめされます。
メイドさんがお羽休め(休憩中)になるとまかないが食べられるそうで、「あれを食べた、次はあれを食べたい」などと嬉しそうに解説してくれます。

ドリンクも種類は多いです。
ソフトドリンクは普通に種類がありますが、アルコールの種類がたくさんあります。
テキーラ、ウォッカ、ウイスキー、カクテル、ワイン、シャンパンなどを含めると100種類以上あるようです。

「♡天使達へのドリンク」というメニューもあり、メイドさんにドリンクをプレゼントすることも出来ます。
アミューズメントメニューとしてはチェキを700円で撮影することが出来ます。
丁寧に落書きしてくれますので、おすすめですね。

その他、メイドさんのオリジナルカクテルというものがありまして、そのメイドさんが考案したカクテルがあります、一人で何種類もあったりするので聞いてみると良いでしょう。
オリジナルカクテル単品だと1200円ですが、チェキセットで1700円となっているのでお得です。

席に着くとメニューの説明などがあり、注文するわけですが、ドリンクが出てくるのを待たずにメイドさんが次々と挨拶しに来てくれます。
そして、名刺を渡してくれます。
つい私の名刺を渡そうとしてしまいましたが、名刺交換する人はいないそうです。
名刺には名前や特技や好きなものなどが書かれていますので、それをきっかけに会話することが出来るようになっています。
名刺にはツイッターアカウントのQRコードが書かれていて、すぐに見ることが出来るようになっています。
Repostopiaのメイドさんは積極的に発信するスタイルのようで、投稿数はほどほどの頻度だそうです。

しばらくすると、Repostopiaはかなり積極的に話しかけてきてくれるお店だということに気付きます。
メイドさんはそれぞれ「趣味」や「好きなもの」愛にあふれていて、その話題で盛り上がります。
アニメが好きなメイドさん、漫画が好きなメイドさん、サンリオが好きなメイドさん、バンドが好きなメイドさん、私から見てもやばいくらいのオタクなメイドさんばかりで、 私が退いてしまうくらいの情熱の圧を受けます。
こちらもネタとかトーク力を鍛えていくほうが良さそうです。

そうなってくると、最初の落ち着いたロングメイドの印象は無くなっています。
「仕草も落ち着いている」と説明しました。動作自体はゆったりとしているのですが、唯一、固まった氷を分解するときだけは親の敵を討つときのように荒々しい行動をしたりします。
(めっちゃ大きな音を立てて氷を割ります)
愉快なメイドさんばかりで癒やされます。

季節のイベントはあまり開催されませんが、2020年7月20日から27日までは「夏祭り、ルポリア屋台」が開催されました。
メイドさんが浴衣でお給仕していました。さらに、射的やヨーヨー釣りなどもありました。
その他、メイドさんの誕生日イベントは頻繁に行われていくようです。
バースデーイベント時は特別メニューが登場し、写メなどが撮影できるメニューも登場するそうですよ。

(2020-08-18)

  • 神奈川
Repostopia(ルポリア)の制服のイラスト

地区別

関東にあるお店

神奈川県

埼玉県

千葉県

群馬県

totop