FancyCat

神奈川県横浜市戸塚区にあるメイド居酒屋「居酒屋メイド倶楽部 FancyCat」 です。
店内は明るくて可愛いので「メイドカフェ」かも?と思いきや、 開店時間が夜の8時からという深夜仕様です。朝5時まで営業しています。
横浜から近いとはいえ、油断していると電車がなくなってしまうわけで、 「朝までどうしよう…」と悩まないですむように、綿密な計画を立ててお店に行きましょう。

吉祥寺にも「FancyCat」がありますが、そちらは「居酒屋レイヤーズ倶楽部」という設定になっています。
営業時間や料金システムも同じなので、名称以外の違いはなさそうです。

いえ、違います!
制服(メイド服)が違っているのですよ。戸塚店は今回紹介するとんがりメイドタイプですが、 吉祥寺店は黄色いリボンで、服はオレンジ色だったり水色だったりして、エプロンが無いタイプです。 (言葉による説明は難しいですね)
(以前は吉祥寺店も右のイラストと同タイプでした)

さて、戸塚店の説明です。とんがりメイドタイプですが、3種類の色があります!
バージョンがたくさんあるのは嬉しいような悲しいようなです。
普通の人にとっては嬉しいのですが、絵を描く私にとってはどれを描けばいいのか悩むので困るのです! (贅沢な悩みです)

というわけで、黒、赤、ピンク色の3種類ありますが、今回はピンクバージョンを描いてみました。
黒のバージョンは、ピンク色の部分が黒に変わり、リボンとベルトの赤が濃い赤に変わります。
赤のバージョンは、ピンク色の部分が赤に変わり、スカートの裾の白いラインが黒に変わります。

頭には白いカチューシャを付けていますが、形状がギザギザです!
イイですね!

服ですが、正面部と首周りだけ白くて、袖と背中とスカート部がピンク色です。
胸元には大きな赤いリボンを付けています。

白いエプロンですが、肩のフリルが折り目正しくなっています。 つまり、横にもとんがりです。
エプロンは正面にちょっとだけあります。
腰の赤い帯は背中側でマジックテープで止めていまして、そこにさらに大きな赤いリボンを付けています。
リボンの尻尾が巨大すぎて、かなりイイです!。萌えます。
尻尾は幅広で両サイドにとんがっていますし、白いラインも両面に付いています。 リボンに対する強いこだわりを感じます。

スカートは短くて、裾に白いラインが2本入っています。スカートの裾は白いぎざぎざで 縁取られています。ぎざぎざに対する強いこだわりを感じます。(笑)
手首には白いカフスを付けるようですが、つけない人もたくさんいました。

足元は、黒いオーバーニーソックスや白いオーバーニーソックスでした。
靴は、共通の靴があるらしく、黒くてエナメルっぽい光沢がある靴で、 甲のベルトの根元は丸いリングになっていました。

席はカウンターとテーブルの両方があり、 テーブル席から埋まっていくようです。
テーブルが埋まってきたら、その後に入ってきた人は「しょうがないなー」という表情でカウンターに座っていました。

それはさておき、私が行ったときは、メイドさんが6人もいました!
やや広めな店内とはいえ、これは多いでしょう?
と思いきや、だんだんとお客さんが増えてきて、ついには満席ですよ!
これは6人いないと足りないかもしれませんね。

開店時間が20時ということは言いましたが、21時くらいに入ったときは、 お客さんは数人だったので、ほぼ付きっ切りでメイドさんがかまってくれていたので、 「嬉しいな」とは思いつつも「大丈夫かな?」と思っていたのですが、 夜も遅くなってから来店する人が増えてくるとは思いもよりませんでした。
朝までのお店って、そういう流れになるんですね。勉強になりました。

(2011-10-08)

  • 神奈川
居酒屋メイド倶楽部 FancyCatの制服のイラスト

totop