Fairycake Fair

東京駅構内の東京エキナカ「グランスタ」にあります、 「Fairycake Fair フェアリーケーキフェア」 です。
2007年10月25日にオープンしました。

菓子研究家いがらしろみさん がプロデュースしたということで、「カップケーキ専門店」という変わったお店になっています。
販売だけでなく喫茶スペースもあり、東京駅という場所柄か夜の時間帯でもお客さんは多かったです。

いがらしろみさんが白衣好きらしく、このお店の制服も白衣みたいです。

形状が白衣です。でも実際は、白と紺の縦ストライプになっています。
左胸のポケットの上に、「Fairycake Fair」のロゴが描かれています。

長袖ですが、袖をまくっている人ばかりでした。
正面のボタンはおなかのところから上までしかとめていなくて、下の方は動くと広がっていました。チラリズムです。(笑)
ウエストサイズ調整用なのか、わきの下の部分から背中にかけて、長方形の小さな布が見えます。
腰の部分の左右にも大きなポケットがついていました。

頭には白い帽子をかぶっています。正面、つばの上には白いリボンがついています。(イラストのアングルが悪くって、見えてません(泣))
髪の毛は帽子の中に全部入れるようです。衛生的ですね。

白衣の中にはベージュ色の長ズボンを履いています。カウンターの奥にいるので靴はあまり見えませんが、 黒いスニーカーの人は確認できました。

通りがかった時、「マンゴー」という文字が見えたので、入ってみました。
マンゴーカップケーキ360円+コーヒー300円のセットを注文してみました。
さすがにマンゴーはおいしいです。カップケーキなので、掘り進んでいきながら食べる感じです。

店内にはテーブルが12個あり、24人まで入れるようです。
このテーブルの足が豪華なのが気に入りました。

東京駅の中にあり、しかも地下の隅っこの方にこんなお店があるとは思いませんでした。 穴場スポットですよ。

(2009-08-11)

関連ワード
  • 東京
Fairycake Fair フェアリーケーキフェアの制服のイラスト

totop