スープカレーカムイ

東京は神田にあるメイドカレー屋さん、
「スープカレー カムイ」 です。
2011年1月17日にオープンしました。

平日は「スープカレー・テイクアウト専門店」として営業しているので、店員さんはコック服ですが、 週末の土日と祝日はメイド服に大変身するという、インド人もビックリなカレー屋さんなのです。

2011年9月3日(土曜日)から、オリジナルのオレンジ色のメイド服が登場して、 土曜日がオリジナルメイド服、日曜日がプリムヴェールの黒メイド服を女性店員さんが着ています。

頭にはオレンジ色ギンガムチェックのカチューシャを付けています。
フリルの先端には短いレースも付いていたり、両サイドにはオレンジ色のリボンが付いていたりと、 かなり豪華なカチューシャとなっています。

服の構造ですが、オレンジ色のノースリーブのワンピースの上に、 袖付きの白いエプロンを着ている、という状態です。
オレンジ色のギンガムチェックがふんだんに取り入れているので、可愛さアップですね。
襟と胸元の大きなリボンと、エプロンの左右の小さなリボンとカチューシャがギンガムチェックです。

エプロンはオレンジ色のテープがふんだんに使われています。 首周りや袖がそうですし、腰周りの縦ラインが前後に4本あります。
オレンジ色の大きなボタンが、胸元に4個、半袖の外側に1個づつ付いています。

エプロンの裾は幅広のレースがあります。
腰の部分のオレンジの部分は後ろ側でチャックになっているので、背中側から着ているようです。
チャックを閉めた後、腰のサイドから伸びるオレンジ色の腰紐をお尻部分で結んで 大きなリボンにしています。
スカートの下にはペチコートを履いて、スカートをふんわり広げる&裾からレースが見えるようにしているそうです。

足元は、白いオーバーニーソックスを履くようです。膝部分には白いリボンが付いていたり、 フリルも付いていて、可愛さ大幅アップです。

スープカレーって2002年ごろから北海道札幌市で流行り始めたんですね。
どうりで札幌のメイド喫茶「カフェ・プリムヴェール」が関係してくるわけです。 最初は全然つながらなかったんですよ。私の中で。

メニューは、野菜カレーがメインでして、他にもチキンカレー、ポークカレーなど (700円前後で)たくさんありますが、 どのメニューにもザク切りの野菜がたっぷり入っているヘルシーなカレーです。
良く煮込まれているので、野菜が柔らかくてすごい美味しいです。
私は、よりヘルシーを追求した「豆腐ハンバーグ野菜カレー」がお気に入りです。

さらにそれぞれに辛さを選べます。1番から30番まであります。
私は辛いものが好きではないので、1番を選びますが、それでもほどよく辛いです。
よく見ると、「1番で中辛です」って書いてあります。

平日の昼間はテイクアウト専門店ですが、週末などは店内の2階のカウンター(6席)で食べることが出来ます。
1階で注文&会計して、調理が出来たら、 メイドさんが2階に持ってきてくれるというシステムです。すばらしいですね。
ただ、水を注いだりするのはセルフサービスになっています。

秋葉原から近いということを利用して、お店がイラストを募集していたりします。
以前は「カレーのスパイスの擬人化」をテーマにイラストを募集していまして、 たくさんのイラストが壁に飾ってあります。
現在(2011年末)進行中のイラスト企画第二弾が「新メイド服を描こう」というもので、 今回紹介した制服を描いて「描きました!」と持っていくと良いらしいです。
(あ、詳細はお店の人に聞くか、ブログなどを見て、ちゃんとした応募要項を確認してくださいね)

お店の住所は神田ですが、神田駅と秋葉原駅の中間にありますので、 どちらから行っても同じくらいの時間です。(つまり、ちょっと歩く距離です)
しかも地下鉄の「岩本町駅」からが一番近いと言う、複雑な関係です。
方向感覚がわからなくなってしまった人は、 秋葉原駅の案内所で聞くと 丁寧に教えてくれます。
私も事前に場所を調べてなかったので、聞いてみたのです。(笑)
説明がわかりやすかったので、すぐに理解できました。「場所を知らないとたどり着けない」ということに。

(2011-12-13)

  • 東京
スープカレーカムイの制服のイラスト

totop