ハーフダイム

東京都の麻布にあるレストラン 「ローストビーフレストラン ハーフダイム」 です。
その名の通り、「ローストビーフ」を専門に取り扱っています。

地下鉄麻布十番駅から徒歩1分という好立地です。 すぐそばに麻布十番大通り商店街があります。

普通ならば薄切りのローストビーフしか見ることはありませんが、このお店では「塊」で提供してくれるのです。
麻布という場所からするとかなり高級なお店のように思いましたが、 なかなかお手頃な価格設定となっています。

やや高級なレストランということで、店員さんが多いのが嬉しいですね。 男性店員さんの数も多いですけど。
男性店員さんは普通に白シャツ黒ズボン黒ベスト蝶ネクタイですが、 女性店員さんはこげ茶色のエプロンというスタイルです。

頭に付けるものはありませんでしたが、髪が長い人は後ろで結んでいました。
白いブラウスはフリルたくさんで、首周り、胸元には2重にフリルがありますし、 6分丈の袖にもフリルが付いています。
首元には黒い布でリボン結びをしています。
左胸にはロゴマークの入った名札を付けています。

ベージュのスカートはシンプルですが、その上に付けているこげ茶色のエプロンが特徴的です。
ややフレア形状のエプロンですが、右側の丈が短くなっていて、その部分から白い布が覗いています。 最初は、「ははーん、ブラウスの裾を入れ忘れているな」と思ったのですが、女性店員3人ともそうだったので、 そういうデザインであると分かりました。エプロン部分が2重になっているようです。

足元は、薄い白ストッキングや黒ストッキングで、靴は黒い靴でした。

内装もかなり凝っていまして、壁に「ハーフダイム」が生まれるきっかけになったストーリーが書かれているように、 カリフォルニアの金鉱で一攫千金を夢見る父親をイメージしているということで、 アメリカンで洞窟のような迷路的な要素もあります。
カウボーイハットや牛の角のオブジェがあります。

17時からのディナータイムですとコースが4410円から、単品でも2310円からとなっていて、 セレブな麻布価格となっていますが、 17時までのランチタイムですと、1260円からでローストビーフを味わうことが出来ます。
私はセレブですので、ディナータイムのコースをいただきましたが、 コースというだけあってサラダからデザートまで付いていますのでお腹いっぱいになります。
セレブな麻布ですので盛り付けも鮮やかですし、 店員さんも多いので、お皿を下げるタイミングや、次の料理を持って来るタイミングもぴったりです。
食後の紅茶もティーポットで出てきて、カップ3杯分はありましたので大満足です。

「ローストビーフ1キログラムのかたまり」というメニューが有り、「ドン!」と出てくるようです。 ただし焼き上がるまでに4時間かかり、予約が必要とのことです。
シェアする用でして、4人以上だったらこちらもアリでしょう。

いくら私がセレブとはいえ、今まで、ステーキのような厚いローストビーフを食べたことがありませんでしたので、 ナイフで切ると簡単に切れることを初めて知りました。それくらい柔らかい肉でした。
ほどよい噛み応えがあるにもかかわらずすぐに飲み込めてしまいました。 「ローストビーフすげぇ」って思っちゃいました。

4人用のテーブルに1人で座ったのもありますが、テーブルが大きくてゆったり出来ます。椅子も白くて綺麗です。
天井も高いので開放感があります。

(2013-10-24)

関連ワード
  • 東京
ハーフダイムの制服のイラスト

totop