Pen Station Cafe

東京駅の近くにある珍しい喫茶店
「Pen Station Cafe(ペンステーションカフェ)」 です。

珍しいというのは喫茶店の母体の組織ことです。店名にある「Pen」に関係することなんですけど、 万年筆の「パイロット」が万年筆の博物館と喫茶店をやっているのです。
1階がカフェで2階がミュージアムとなっています。

セルフサービスでカジュアルな喫茶店ですが、店員さんはかなりしっかりとした接客態度と制服です。
ホテルの受付みたいなフォーマルさですね。

頭に付けるものはありませんでしたが、髪が長い人はポニーテールにしていました。
白いブラウスはフォーマルなウイングカラーに黒い蝶ネクタイを合わせています。 「これでもか」というくらいフォーマルです。

黒いベストも襟付きで、襟の先には黒いボタンがついていたりします。 正面の合わせ部分にも黒いボタンが3つ付いています。左胸には上半分が青いネームプレートを付けています。
ブラウスの長袖には黒いボタンが2つ付いていますが、袖口を肘までまくっている人ばかりですので 本来のカッコいい姿を見ることはできないかもしれませんが、袖をまくっている場合は ワイルドなカッコ良さがあります。

黒いエプロンの下には黒いズボンを履いています。
エプロンは膝丈程度の長さがあります。腰紐は正面でおしゃれな結び方をしていましたが、 ベストに隠れてあんまり見ることが出来ません。

パイロットが喫茶店とは、なんとも奇抜な発想でした。が、それゆえに嬉しい恩恵があるんですよ。
博物館は入場無料ですし、喫茶店のメニューも比較的安めなのです。ここは東京のど真ん中ですよ。 モーニングやランチが安いと言っても、それは1段階安い設定ですが、このお店はさらに1段階の変身を残していました。
お持ち帰りだとさらに安い値段設定になっているのです。 そういうこともあり、ひっきりなしにお客さんが入っていました。
近所の会社員がたくさん利用しているようですね。

平日は朝7時30分から開店していまして、モーニングセットは380円からで、 クロワッサンとドリンクのセットなどがあります。
そして、テイクアウトですと-100円になってます。450円が350円になったりします。
近くにオフィスがある人達ですと、テイクアウトするのが賢いですね。

だがしかし!店内はゆったりソファでくつろげ(た上に制服も見られ)ますので、 出来れば店内で食べたいところです。
喫煙席もありますが、禁煙席も多いので安心です。

残念ながら、2階のミュージアムの方には怖くて行けなかったので、 どんな貴重な品が飾られているのかわかりませんが、 さりげなく2階に昇る度胸がついたら行ってみたいと思います。
だって、パイロットのボールペンとかインクは結構普段から使ってますし!

(2012-01-08)

  • 東京
Pen Station Cafeの制服のイラスト

totop