あるけみすと

東京、秋葉原にある 「アニソン DJ BAR あるけみすと」です。
秋葉原駅の昭和通り口から大通りを渡って「パセラ」の通りに入って、パセラの隣のビルの2階です。階段では行けないのでエレベーターで2階に行きます。 (ちなみに、中2階には「声優のたまご」があります)
オープンは2011年9月29日です。
ほぼ年中無休で毎日19時から朝5時まで営業しています。

系列店として、2013年6月15日に八王子に「Gluck(グリュック)」が、
2015年8月24日に両国に「あるけみっ!!」がオープンしています。

「アニソン DJ BAR」というのはそのままなのですが、つねにアニソンが流れているバーです。
全然違います、目の前にDJさんがいて、リアルタイムに曲をかけつつ、リクエストとかも聞いたりしながらちゃんとつないでいったりしています。

お店ではDJさんを募集していたりして、お店でリアルDJになる事が出来ます。
もちろん機材も完備です。

DJさんと店員さんは全く別ですが、男性店員さんはDJが出来るようです。

「あるけみすと」にはイメージキャラクターがいまして、「みすと」と「れん」という2人の女の子です。
その女の子が来ているのが黒いベアトップワンピースと白いブラウスを合わせた服でして、 店内で働く女性店員さんもおなじ服装をしているのです。(すばらしい)

ベアトップワンピースというのは、肩部分が無く、胸から下でスカートまであるワンピースの事です。
ズレ落ちないように透明な肩ひもを着ける場合もあります。

白いブラウスは、さまざまな種類がありましたが、イメージキャラクターは襟周りに大きいフリルがたくさん付いていて、 首元に黒いリボンを着けていますが、私が訪れたときは見る事が出来ませんでした。
(ブログの写真では黒リボンの人がいました)
半袖パフスリーブの場合は袖の外側に白いリボンで飾られていました。

イメージキャラクターのスカートは3段フリルですが、店員さんも3段もしくは2段のフリルでした。
ベアトップワンピースの部分も数種類あるようです。

足元は黒ストッキングだったり肌色ストッキングだったりしました。イメージキャラクターは黒ニーソです。

毎日朝まで営業しているのは、すごいと思いました。
というのは、それだけDJさんがたくさんいるということだからです。

一人45分、休憩30分を挟んで、次の人、というように毎日4人前後のDJさんがプレイしているようです。 (金、土、祝前日は最大8人)
なかなかすごいです。

古今東西のアニメソングは合計すると数万曲あるわけで、「俺のセレクトした曲だけを連続して流したい!」と思う人はそんなに多いわけが… いや、もっと居てもいいはず!っていうか私もやりたい!!!

そろそろ、DJじゃなくて単なるお客さんの情報を。
全てカウンター席で、目の前にはアニメのフィギュアがたくさん置いてありました。
料金体系は、1時間800円、30分400円(税込)のチャージと、ドリンクはソフトドリンクは500円、ビールなどのアルコールが700円からとなっています。
飲み放題のコースもあります。
ボトルキープもあるそうです。

毎月、不定期で「○○しばり」の日があるそうです。「懐かししばり」とか「アイドルしばり」などです。
それらとは別に、金曜日、土曜日は店員さんが思い思いのコスプレをする日となっていますので、 今回紹介した制服を見たい人はスケジュールを確認した方が良いです。

ポイントカードもありまして、1000円で1ポイントとなります。
カードに書かれた説明には「有効期限は最終来店日から半年」となっていますが、「それは関係ない」そうです。
カードが満了すると、ツーショットチェキなどの特典があります。

DJは、曲の準備さえ出来れば、まあまあ出来そうな気がするのですが、 VJというのもありまして、映像(ヴィジュアル)も操るプレイというのがあるんですよ。
私もこれが出来たらカッコイイと思うんですよ。やりたいなぁ…

(2015-10-18)

関連ワード
  • 東京
あるけみすとの制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop