須田町食堂

東京都、秋葉原にあるレストラン 「須田町食堂 秋葉原UDX店 」 です。
2006年3月に開業した高層ビル「秋葉原UDX」と同時にオープンしました。

1階から3階は「AKIBA ICHI」というレストラン街になっていますが、そのエリアの3階の秋葉原駅寄りにあります。
窓が多く、ビルの周辺を歩いている人を一望できるのです。

その名の通り、須田町にあった「須田町食堂」が時空を超えてよみがえった、という秋葉原らしい設定です。
最初の「須田町食堂」が大正13年(西暦1924年)にオープンしていたということですから、 一旦、宇宙空間に放り出されてから無事に帰還した。もしくは、タイムスリップによって時間と場所を飛び越えてきた。 じゃないと説明できないお店なのです。 (すべて妄想です)

タイムスリップによってミレニアムに再現された制服はレトロな雰囲気を大切に現代に伝えてくれています。

頭に付けるものはありませんでした。
スタンドカラーの白いブラウスは正面にたくさんのピンタックが見えています。 袖は7分丈くらいに見えましたが、他の制服紹介サイトでは普通の長袖だったので、 私が見たときは少々まくっていただけかもしれません。

黒いジャンパースカートはいたって普通に正面と背中をカバーしています。 スカートの丈も膝丈くらいです。
白いエプロンはかなりフレア形状になっていてふわりとしています。 半円形のポケットが左右両方についていました。 注文を入力する端末を入れたりしているようです。
後ろのリボンの幅は太めです。

足元は黒いストッキングを履いていたりしましたが、きっとそれは服の寒い時期だなけで、 夏場は黒とかナイナイ。と思って肌色に塗っておきました。
靴は黒い靴を履いていました。

午前11時からオープンしていまして、 平日のランチメニューがありましてハヤシライス、オムライスやハンバーグやメンチカツカレーなど 名前を聞くだけでもよだれが出そうなラインナップでお得ですが、 土日祝もランチメニューがあるので利用しやすくなっています。
やはり平日は近隣のオフィスのサラリーマンやOLさん達が多く利用するようですが、 週末も「ザ・秋葉原」という人達が利用しても良いと思うわけですよ。(偏見)

お昼は普通に食事を取るだけ(あと制服を眺める)ですが、 夜は居酒屋並みに料理が楽しみです。コースメニューも増えてお酒もあって、開放的な空間で盛り上がりそうです。

「スーパードライ エクストラコールド」と「ドライブラック エクストラコールド」(普通か黒か)というビールが売りでして、 温度が-2度から0度までに保たれているので、超冷たい!喉越しのビールを飲めるのです。
それらが500円前後でありますのでファンも多そうです。

お店の入り口がレトロ調で、テーブルや椅子も床も(制服も)レトロなのですが、いかんせん、窓と外の風景が近未来過ぎます。
アニメグッズを抱えた大きなお友達がわんさと……

(2013-03-29)

  • 東京
須田町食堂の制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop