ぽぽぷれ

秋葉原にあるメイド喫茶 「ぽぽぷれ」です。
2008年4月10日にオープンしました。

秋葉原センタービルというビルの3階にあります。 同じビル内の他の階にもメイド喫茶とかメイドリフレのお店があります。
近くに「NAGOMI」があったりする通りに面しています。

ぽぽぷれの特徴的な点は、アニメーション製作スタジオが併設されていることです。
お店の一角にパソコンが置いてあって、 アニメーター(?)の人が、なにやら作業をしているのを見ることができます。 (作業している人は、私服)
複数のマイクスタンドがあり、スタジオとして機能するようです。 メニューにも「アフレコ体験」というのがあります。
アキバ経済新聞でも紹介されています。

喫茶スペースの制服としては、黒白のメイド服です。大まかに分けて3種類くらいありますが、 多少のアレンジをする(リボンを付けたり付けなかったり、ネコ耳を付けたり)ので、 はっきりとした制服は無いのかもしれません。
ちなみに、看板に描いてあるイラストのようなメイド服は無いようです。
ミニスカートもロングスカートも両方のタイプがありました。
(そして、既製品ばかりで(Emily)近くのドンキに売っていたりします)

今回は、半袖で胸元が白い丸くなっているタイプのメイド服を紹介したいと思います。
頭には白いレースのカチューシャを付けています。ネコ耳もお店で常備しているので それに付け替えたりもするそうです。

ワンピースはレースが多用されていてゴージャスです。 襟はスタンドカラーで、フリルで縁取られています。 胸元も白布で、前が楕円形状の半円になっていて、その周囲もフリルで縁取られています。 背中側も残りの半円がつながっています。
前あわせが黒いボタンが3つあって、その両サイドは2本のタックがついて飾られています。
パフスリーブの袖の外側にも黒いボタンがあり、さらに裾は白いレースになっています。 そのレースが長くて、肘くらいの長さになっていました。
手首には黒い大きなカフスを付けている人もいましたけど、付けてない人も多かったです。 白いフリルも付いて、ボタンが白いです。
(既製品のバージョンは首元に黒いリボンが付いているのですが、わたしが行ったときは リボンを付けている人はいませんでした)

丸いエプロンにはフリルと胴体の間に黒いラインがあります。 後ろのリボンの先は45度の斜めカットになっていて、先の方にも黒いラインが1本入っています。
腰のところにネームプレートを付けていました。

ワンピースのスカート部はミニフレアで、広がり気味ですけど、エプロンがあんまり広がらないような形状 になっているために、あまり広がっていません。 スカートの下にはパニエの白いレースが覗いています。
ミニスカートの人は、黒いオーバーニーソックスで、黒い靴を履いていました。絶対領域至上主義!

メイドさんは「永遠の17歳」を自称しています。(笑)
暇そうなときは、メイドさんの方から話しかけてきたりしてきました。

店内の印象は、白い壁、木の机と椅子、赤いカーテン、マイクスタンド、大型液晶テレビ(アニメがながれている) 、幼稚園のコップ、 です。(汗)
4人用のテーブルが6つ、一人用のカウンターが10人分くらいあります。
メニューはドリンクが500円、フードが1000円、デザート+ドリンクセットが1000円などなどです。

4月10日から13日までは「プレオープン期間」ということで、 メニューの料金はすべて半額&チェキ付き、という大盤振る舞いなことをしていました。
わたしは偶然にもプレオープンの時に行ってみました。(その後にも何度も行きましたけど)
その時は、アニメが無かったのでアフレコはできませんでした。 後に、アフレコ体験のメニューが追加されています。 「アフレコ体験」というのは、3分程度のショートアニメーションにあわせて、 自分で声をあてることができて、そのアニメのDVDを作ってくれるというものです。 料金は1500円です。
メイドさんいわく「他の人がやっているのを見る方が楽しいですね」とのことです。(笑)
なんていたずらっ子な17歳!

(2008-07-31)

  • 東京
ぽぽぷれの制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop