ユメシナ

秋葉原にある喫茶店
「Hand maid kitchen ユメシナ」 です。
2013年6月21日(金曜日)にオープンしました。 火曜日が定休日となっています。
7月から平日ランチ営業が開始されています。

場所的には、秋葉原駅からかなり上野寄りです。 分かりやすい道順としては、秋葉原駅近くのヨドバシカメラ「マルチメディアAkiba」から高速道路沿いに御徒町方面に向かうと、 水色の大きな看板を見つけることが出来ると思います。
その看板から階段を降りて地下一階にあります。

制服は水色基調で可愛らしい制服となっています。

頭にはカチューシャを付けています。2重になっていまして、手前側はレース、奥側は幅広のフリルになっています。

襟と胸元と袖口はややベージュの白色となっています。胸元は丸く白くなっていて、レースで縁取られています。 ボタンが3つあり、合わせは左右にレースが付いています。
首ともは紐を結んでタイにしています。

紺色のベストは、肩紐を首の後ろで結ぶタイプになっています。首の後ろに結び目が見えます。
お腹部分に合わせ目があり、紺色のボタンが4つあります。 そして、背中部分は腰周りの部分だけ紺色になっていて、白い大きなリボンをくっつけています。
エプロンは丸く、フリルで縁取られています。

スカートはややミニ丈で、ニーソの人は絶対領域が見え隠れします。
スカートの裾は白いレースがあります。

足元の靴下はさまざまで、黒いタイツだったり、白いオーバーニーソックスだったり、いろいろでした。
靴は皆さん形状はさまざまですが、黒で統一されているようです。

「ユメシナ」は、以前「月夜のサアカス」というお店があった場所ですが、 内装的にはあまり変わった様子はありません。色使いが茶色くなっています。
大きなテーブルがあり、そちらは団体用の席となりますが、混雑時は少人数のお客さんの相席用のテーブルとなっています。
夕方になっても、テーブルにランプを置くことはないようです。

メニューは頻繁に変更されるのですが、パスタ、サラダライスボウル、ハンバーグなどがあり、 デザートはフレンチトーストが大人気です。

ソフトドリンクは500~650円ですが、フード、デザートとセットの場合は300~400円となります。
ぶんちょは柚子ソーダがお気に入りです。
アルコールの種類が多目です。セレクトされた銘柄の瓶ビールや、ワインも種類があります。

不定期で、男装喫茶『SpeCial HaPPiNess』が開催されていて、 その日は「ユメシナ」としての営業はありません。 (が、ユメシナの店員さんがこちらで男装をしている場合があります)
最近では2013年12月7日(土曜日)に開催されていました。

2013年12月31日の深夜は「BAR 984」が開催されていました。大晦日です。 初詣の前などの利用を見越してのイベントだと思われます。
ワイワイしない静かな雰囲気でちょっと休憩するにはとても適していると思います、ネットも使えますし。

上述のイベント以外にも多数のイベントがあり、貸切営業になっている場合があります。 普通の営業時に訪れたい場合は、注意する必要があるかもしれません。

2013年9月から店内で無料Wi-Fiが導入され、パソコンや携帯ゲーム機がはかどります。
しかし、「音量は下げるように(オフにするように)」との注意書きがありますので、 聞きたい場合はイヤホン持参です。

ポイントカードがありまして、1000円で1ポイント加算されます。20ポイントで満了となり、 500円分とするか、スタッフとの記念撮影券となるかを選べます。

入り口近くの本棚にはメルヘンな本がいくつか置いてあるのですが、 占有率が高いのが「月刊AKB48新聞」です。(笑)
理由は店員さんに聞いてみればすぐに分かることですが、予備知識なく聞いた場合、熱く語られすぎてびっくりすることも。(笑)

(2014-01-17)

  • 東京
ユメシナの制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop