巫女さんかふぇ

秋葉原にある巫女喫茶 「巫女さんかふぇ*あいどるばんく*」 です。
2008年6月12日にオープンしました。 ビルの8階にあります。 中央通り(歩行者天国になっていた太い道路)沿いにあり、看板も大きいので、すぐに見つかると思います。

巫女さんの制服は3種類確認できました。基本はミニスカタイプで、 まれにロングな袴の巫女さんが見られました。
今回は、ミニスカタイプの巫女さんの制服です!

上に着ている物は、白くて袖がやや長いです。袖の下のほうには、赤色で桜の花びら5枚があります。 (正面側だけで、裏側にはありません)
襟の中に赤い布が見えています。 襟の胸元には、チョウチョ結びされた赤い紐がついています。
一人だけ、ピンク色のたすきで袖をまとめている人がいました。

袴部分は、胴周りの幅が広いスカートになっていて、その上に同じ色のエプロンをつける、 というスタイルです。
エプロンはフレアで、ヒダが大きくできています。 正面には、巨大なリボンを作っています。

基本スタイルは以上のようで、あとは各自で好きなようにアレンジできるようです。
頭にはリボンをつけたり、花をつけたり、キツネ耳を付けている人もいました。
足元は、黒いオーバーニーソックスとか、ハイソックスとか足袋の人も、素足の人もいまして、 靴も、黒い靴だったり、草履だったり、ゲタだったり、さまざまでした。

入り口に赤い鳥居があり、そこをくぐるとたくさんの巫女さんが待っています。
入るとまず「参拝者様のおなりー」って巫女さんが大声で言われます。びっくりです。
次に、システムを説明してくれ、(にやにやしながら)聞いていると、 巫女ぽん(黒い大きな丸いガチャガチャ)を引くように言われます。
たまに当りが入っているみたいですけど、たいていは絵馬シールが一枚入っていて、 そこにお願い事を書いて、店内の壁に貼ることができます。
その後、5円玉を手渡されて、何をするのかと思ったら、 神様とお賽銭箱の前に連れて行かれて、「お賽銭を入れて、お願いをしてください」と言われ、 5円玉を投げ入れ、鈴を鳴らしてお願いをします!
「幸せになれますように、幸せになれますように!」
一生懸命お願いしちゃいました。(笑)

その後、ようやく、テーブルに案内されます。
「おにーにセット」1000円というのがおすすめらしく、それを注文してみました。 おにぎり2個とから揚げとお新香とお茶とアイスのセットですって。
すると、カゴとご飯を入れた箱を持ってきて、巫女さんが目の前でおにぎりを握ってくれたのです。 (衛生を考慮して、半透明な手袋をつけます)

たまに「あつぅ~」とかいって、困った顔をするのがたまりません!(爆)
作り終わったら、「おいしくなるおまじない」をしてくれます。「よろしかったら、一緒におねがいします!」 って、そんなにお願いされたら、わたしも「しょうがないな~」断れないでしょう?(笑)
で、ポーズが、「キツネの手(イラストの右手のような)→両手でハート型」をやりながら 「巫女巫女コンコン、おいしくな~れっ!」ですって!(恥ずかしい!!)
本当においしくなるのかな~?と思っていましたが、食べたらおいしかったです!

帰るときは、塩をくれました。
鳥居を出るときに「参拝者様の願いがかないますよぅ~に!」パンパン(拍手2回)されます。
ちょっと、いや、かなり幸せな気分になれました。えへへ。

7階は、イベントホールになっていて、毎日のように巫女さんのステージ(歌ったり踊ったり) があるそうです。(そちらは、入場料1000円)
1000円なら安いので行きたいかも~

(2008-09-04)

  • 東京
巫女さんかふぇ*あいどるばんく*の制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop