Cafe Pelerinage

架空のメイド喫茶
「Cafe Pelerinage(カフェ ペルリナージュ)」です。

(株)サクセス提供の携帯ゲーム「萌navi」で遊べるアドベンチャーゲーム「めいどリーマー」の舞台となっている架空のメイドカフェが 「Cafe Pelerinage(カフェ ペルリナージュ)」と言う名前だったのです。
そのゲームは 2006年8月7日に配信開始しました。 当時はその事が結構ニュースサイトで取り上げられていました。
シナリオ作成に実際の店員の協力を得ていたため、「話題になりそう」と思われたのです。

そして、2006年8月から実際のメイド喫茶とコラボレーションして「Cafe Pelerinage」が現実のものとなっていたのです。
秋葉原の「ぴなふぉあ」「めいどinじゃぱん」、池袋の「Wonder Parlour Cafe」、 大阪日本橋の「mel cafe」「e-maid」、福岡の「よかちゃ」 の6店が参加していました。
こんなに日本を横断して行われていたんですね。
最初の「Amusement Cafe めいどinじゃぱん」が8月9日から13日までで、 最後の「よかちゃ」が2007年1月20日から23日までの開催でしたので、 ずいぶん息の長いイベントだったんですね。

私は「めいどinじゃぱん」で開催されている時に入ることが出来て、 いろいろお土産をもらえたことは覚えています。

ゲームの中では5人のメイドさんと出会えるのですが、 それぞれ、メイド服がちょっとずつ異なります。5つのバージョンがあると言えます。 (全員が違う部分は、カチューシャ、リボン)
大まかには、ロングスカートとミニスカートの種類があり、 エプロンのラインの色が異なります。ロングスカートの時は緑色、ミニスカートの時は紫色です。
今回はミニスカートのバージョンを紹介したいと思います。

頭には白いレースのカチューシャで、左右には黒いリボンが付いています。
首元から胴回りすべてをエプロンで覆っています。 背中にチャックがあるのです。
袖はゲーム内では半袖もありますが、コラボレーションイベントの時は長袖だけのようです。
袖口は白く幅も広いです。エプロンと同じ色のラインがあり、後ろ側には白いボタンが2個付いています。

首元には何かしらリボンをつけます。ゲーム内では5人ともバラバラですので、 私がその中から勝手にセレクトしました。
黒いテープを首の周りを1週させて正面で結びます。その結び目にベージュのカメオブローチを付けています。

肩にはフリルが付いていて、その縁に紫色のラインが入っています。
ラインはポケットの上端と円形エプロンの縁にも入っています。
腰の後ろには白い大きなリボンが付いていまして、そのしっぽ部分にも同じ色のラインが「V」字に入っていました。

ミニスカートの中には紫色でレースたっぷりのペチコートを履いています。
足には黒いオーバーニーソックスを履くようです。

ゲームとしても、イベントとしても、レアだったと思うのですが、 バンプレスとから発売された「コスチュームパーティー メイドカフェコレクション 全国編」 の中の一つでしたので、覚えている人は多いかもしれません。
ゲームと連動していて、そのフィギュアのメイド服がゲーム内にも出てくるようになっていました。
それだけ聞くと「おお!やってみたいかも」と思うのですが、 いかんせん、「コスチュームパーティー」の価格がお高めだったので、 「オレ、やってたよ」という人の話は聞いたことがありません…

(2011-12-15)

  • 東京
Cafe Pelerinage(カフェ ペルリナージュ)の制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop