VIERGE ヴェルジェ

秋葉原のメイド喫茶 「Cafe&Bar VIERGE(ヴェルジェ)」 です。
2009年5月10日に惜しまれながら閉店してしまいました。
2007年10月2日にオープンしてから、2008年8月にリニューアルプレオープン、8月26日にリニューアルオープン、 と来て、閉店となりました。めまぐるしいです。

右のイラストの黒白メイド服は、2008年のプレオープンから採用された制服で、それ以前は赤いメイド服でした。

頭には白いレースのカチューシャをつけています。
「VIERGE」のトップページのイラストには首にチョーカーを付けていたりしますが、 つけている人はいないようです。

ワンピースのメイド服ですが、胸の部分と袖の部分だけ白色です。
肩部分は大きなパフスリーブの半袖で、袖口は幅広の白色です。
胸部分はゆとりをもたせてある布で、「どんな巨乳ちゃんでも大丈夫です!」という気概を感じます。わかります。
背中にチャックがあります。

白いエプロンはひらひら軽そうなエプロンで、丸い形状で、周囲は幅広レースで縁取られています。 レースの周囲が半円の連続なのがかわいらしいですね。
後ろのリボンも可愛くて、先が丸っぽい形状です。
腰部分にブロンズ色のネームプレートをつけていました。おしゃれです。

フレアなスカート丈はミニ・ミディアム・ロングの3種類があるらしいのですが、私はミニしか見たことがありません~。
スカート丈に合わせてエプロンも異なるようです。
ミニ丈スカートは本当に短くて、3段レースのパニエが無いと、見えてしまいそうです。(爆)
もちろん、バランス的にも足長効果的にも優れたミニ丈ですので、「そういう意味で」とても良いと思います。(笑)

足は、皆さん黒いオーバーニーソックスを履いていました。
靴は黒いローファーのようです。

オープンキッチンで、メイドさんが料理やドリンクを作っている姿が(遠くから)見ることが出来ました。
わたわたしている姿は見られなかったのですが、けっこう早く料理が出てきた印象があります。
「うへー、いつの間に作ってたの?魔法?」って思ってました。(笑)

壁際にはオレンジ色のソファーで、中央部には座る部分がオレンジ色の椅子と丸テーブルがありました。
キッチン横の壁には大きな黒板があって、そこに「本日のオススメメニュー」などが書かれていました。

やはり、この店の特徴は、ハンバーガーですよね。 かなり縦に大きめなハンバーガーですので、食べ方がちょっと難しいのですが、おいしいのでハムハム食べてしまえます。
ドリンクはデキャンタで注文すると、最初の一杯をメイドさんが注いでいました…。 私もデキャンタにすればよかった!!(泣)

2009年6月6日に、同じ場所で内装をちょっと変更して 「月夜のサアカス」 というおしゃれな喫茶店(メイド喫茶ではない)がオープンになっています。

(2009-06-19)

  • 東京
Cafe&Bar VIERGEヴェルジェの制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop