@ほぉ~むcafe

「@(あっと)ほぉ~むcafe」です。
秋葉原に5店舗ある、超有名なメイド喫茶です。(内、一店舗は和装メイドの「華」)
ドン・キホーテの5階にある店舗は、場所はわかりやすいですが、超混雑してます。
それよりもやや秋葉原駅寄りのミツワビルは4階から7階までが「@ほぉ~む」で占めるという なんとも豪快なビルになっています。
こちらも、週末は階段を埋め尽くすぐらいの行列になります。

2010年6月1日から若干デザインが変更になった新メイド服になったので、 調査してきましたよ~!!

以前までの一般的なメイド服はコチラですが、 (でも古いデザインなので若干異なるのは大目に見てください)
比べてみると、かなり違うことがわかります。

まず、頭に付けるカチューシャが茶色ラインが入っています。
以前は、左右にピンク色のボタンが付いていただけですよね。

茶色いワンピースは、襟が白くなっています。
首もとのピンク色のタイは、基本は右のイラストのような三角形状となっています。 (以前までは、メイド経験年数でタイの形状が変わる制度だったので、 タイを見ると、新人かベテランかわかるようになっていました)

袖は以前と同じくパフスリーブで、袖が白く、外側にピンクのボタンが2つずつ付いています。
エプロンの胸部分にも4つのボタンが付いていますね。

エプロンの肩部分のフリルは大きくて素晴らしいです。 以前は脇のあたりまでで止まっていましたが、腰までフリルが伸びています。 フリルは可愛いですね。
以前のエプロンと比べ、襟ぐりが上に上がっているので、茶色い部分が減って、白い部分が増えた格好です。

エプロンの胴部分は、サイドから腰周りを幅広く覆っています。 背中部分は茶色い紐で編み上げています。ウエストを最大限に細く見せる作戦です。

エプロンの裾と、スカートの裾は同じような白い布に茶色いラインで縁取られています。
足元は黒や白や柄物のオーバーニーソックスだったりハイソックスを履いています。 やはり「絶対領域」を大切にしつつも、全員同じだと見飽きるためか、 メイドさんそれぞれでアレンジしているようです。

超人気メイド喫茶なので、なかなか行列に並ぶ機会が減りましたが、 平日に行ってみるとすんなり入れたりしました。
平日は外人さんも多いらしく、メイドさんがわたわたしているのを じっくり見れて楽しかったです。(笑)

知らなかったのですが、@に来ると「チェキを撮らなければいけない病」 にかかってしまうらしいのです。
他のご主人様がぞろぞろと撮っているのを見ると、「俺も俺も!」 という雰囲気になってしまいます。
@にご帰宅した証、思い出の品が増えるので、それはそれで良い文化だと思えてきました。

雨の日だけの制服、というのもあるんです。
前日の天気予報の降雨確率によって次の日の制服が変わる、というシステムです。 私は運がいいのか悪いのか、まだ見たこと無いんですよ~(泣)。
しかも、店舗ごとに違うんですって!(色違い)
これは、私に対する挑戦状ですよね?(笑)
うぬぬ~!調査しつくしてやるっ!

(2010-11-22)

  • 東京
@ほぉ~むcafeの制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop