東京メイド喫茶tiara

東京の秋葉原にあった、メイド喫茶 「東京メイド喫茶tiara」です。
2009年2月15日に閉店となりました…
通称「メイドビル」の3階にあり、他には2階に「ロイヤルミルク(RoyalMilk)」 4階には「メイドステーションカフェ」があります。

2005年7月1日にオープンして、2007年1月27日にお店の面積が小さくなり(笑)、 2009年の閉店となったのです…

「TVチャンピオン」の「アキバ王選手権」のクイズの一つになっていて、「ああ、行きたいなー」と思っていたのですが、 結局、私が初めて行ったのが2008年の年末でした。(ギリギリでした)

制服は、ミニスカートとロングスカート、色は3種類(黒、紺、赤)とあります。
今回は、紺色バージョンを紹介しちゃいましょう!

頭には白いカチューシャを付けています。
メイドさんそれぞれで異なるカチューシャ(またはリボン)なので、カチューシャのデザインは自由なのだと思われます。

白いブラウスは、右のイラストはパフスリーブの半袖ですが、長袖もあるようです。赤い長袖シャツの場合もあるようです。 (これもある程度自由なのでしょう)

首元には、リボンをつけていました。これも自由なようで、さまざまなリボンの種類です。 (学校制服用のリボンっぽいものが多かったです)
古い資料には、黒いリボンの中心にブローチを付けているものがあり、「これが正式かも?」と思っているのですが、 実際はさまざまで、それでもどれも「可愛い」ので、これで良いのです!

紺色のベストの正面の前あわせには3つの銀色(?)のボタンが付いています。左胸のポケットには、銀色で「tiara」の刺繍が入っています。 最後の「a」の上には星2個キラキラ光っているのが萌えます!(「i」の上の点も星マークになっています)

白い丸いエプロンの周囲は幅の広いフリルがたくさんついています。 腰紐が後ろで大きなリボン結びになっていて、目だっています。

エプロンの下にはベストと同じ色のフレアミニスカートを履いています。 スカートの後ろは大きくスリットになっていて、中から、白い3段フリルが見えています。

靴下も、さまざまな種類を見ることが出来ました。 黒いオーバーニーソックスとか、黒白ニーソ、白ハイソックス、などですが、やっぱり黒ニーソがそれらしいので、 それを描いてみました。
靴は黒い革靴で、ヒールが高い人もいました。

毎月28日は「メガネ+ツインテデー」ということで、全員が眼鏡をして、髪もツインテールに結わいていました。 (眼鏡は描くのが大変なので、今回は割愛(汗))
ツインテール(イラストは「おさげ」ですけど)は萌えますよねーーー!!

店内は、全体的にこげ茶色で、クラシックです。 壁の上の方が白いのと、カーテンが赤いことで、さらに「洋館」といった感じになっています。
天井のシャンデリアの笠が花の形状になっていたりと、雰囲気はバッチリです。

メニューですが、 「ラブラブカフェモカ」は、メイドさんがコーヒーを注いでいる間に、ご主人様がまぜる。という共同作業な飲み物なのです!(興奮気味)
ただし、メイドさんはドジっ子なので、すごいこぼしながらワタワタしながら注いでいました…

ケーキにはチョコレートで落書きをしてくれました。

6時からバータイムになり、バー料金に変更になってました。
カウンターがあって、そちらのほうがメイドさんと距離が近くて楽しそうだったのですが、 初心者の私には敷居が高かったです…(泣)

(2009-03-23)

  • 東京
東京メイド喫茶tiaraの制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop