メイドステーションcafe

秋葉原にあるメイド喫茶、 「メイドステーションcafe」です。
場所は、ドンキホーテがわかると説明しやすいです。ドンキホーテの前の大きな道路をわたったところの、 まっすぐ進んで2本 裏道に行く間に、右側に看板が見えます。 そこにあるメイドビル(メイド喫茶がたくさん入っているビル)の4階です。

頭には白いカチューシャ。(レースではありませんでした)
首には白い襟だけがくっついています。後ろ側で紐で結んでます。かなりとんがりが長い襟です。

黒い服の胸元がかなり大きく開いています。でも、あんまり見えないように白いフリルがついているのですが、 その布がオーガンジー(透ける布)なので、ちょっぴり見えてます。
見せたいのか隠したいのか、はっきりして欲しいところです。(笑)
袖はかなりぽっこり膨らんで、短いです。袖の先は、先ほどのオーガンジーと白いレースの2重になっているフリルです。

手首には白いカフスをつけています。レースとオーガンジーのフリルが付いています (手側と腕側、向きはどっちでもいいらしい)。 カフスは「I(ハート)Maid」と描かれたカフスボタンでとめています。
襟といいカフスといい、バニーガール的な発想ですよね。(つまり萌えです)

エプロンは小さく半円形で、少し光沢のある布です。お尻には大きなリボンを作っています。 スカートは超短くて、超フレアです。黒いスカートの下に、オーガンジーのスケスケ超フリルが付いているので 超かわいいです。

足元は、全員、黒いオーバーニーソックスでした。黒いリボンをくっつけている人もいました。絶対領域が良いです。
靴は全員黒くて、ヒールの高い靴でした。

注文をしたあととか「わかりました」という時に、膝をちょっと曲げて会釈する動作をするんですけど、 それが萌えです!

店内が真っ白でピカピカなんですよね。
そのかわり、お手洗いの中は真っ黒でしたよ(笑)。(便座は白)
昔は、店内に入るときはスリッパに履き替えて入らなければなりませんでしたが、 その後、土足のまま入るように変更になりました。

「ファミコン席」というのがあって、 壁の大画面でファミコンゲームで遊ぶことが出来るのです。
ソフトはいくつかあって、スーパーマリオなどやってる人がいましたよ。 (ここは、超難しい(スペランカーなど)カセットを持ち込んで、華麗にクリアして 周囲を驚かせてみたいですね。(笑))

こんなに料理に力を入れているメイド喫茶も無いと思います。かなり本格的ですよ。
それなのに、ライス、サラダ、スープ付きで800円~1100円とお買い得なんですよ。
でも、一番人気はソフトクリームだと思います(むふ)。 だって、メイドさんが作ってくれるのです。

「メイドステーションcafe」はネットで番組を放送しているんですよ。2008年1月からは 「表参道ランデブー「メイドステーション」」 というタイトルです。水曜日のお昼、約2時間も生放送してるんですって。びっくりですね。
(2007年2月10日~12月29日までは「メイドステーション」というタイトルの45分番組でした。
メイドさんがしゃべりまくるという内容(らしい)です。生放送なんです。 (私は見たこと無いんです…(うる))

(2008-02-17)

  • 東京
メイドステーションカフェの制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop