青風亭

不定期の喫茶店ですが、秋葉原に珍しいお店があります。 「喫茶 青風亭(あおかぜてい)」 です。
2009年7月25日に第1回目が開催されて、2012年3月10日に第4回目がありました。

「え?…ぶんちょさんの絵柄が変わった?」
いえ、違います。
世にも珍しい、着ぐるみカフェの紹介なので、着ぐるみっぽい顔を再現してみただけなのです。

「着ぐるみ」といいますと、「クマさんの着ぐるみ」などを思い出すかもしれませんが、 こちらの「着ぐるみ」は「プリキュアショー」みたいな、頭の部分を覆うという意味での「着ぐるみ」です。
でも、中の人はいませんよ。(大きなお友達なら、この意味わかるよねっ!)

右のイラストのように、店員さんが着ぐるみの女の子なのです。
10人程度いる模様で、それぞれ顔や髪型が異なり、キャラクター設定があるようです。 (「設定」という言葉は使っても大丈夫ですよね…)

すばらしいのが制服です。この限定喫茶のためにオリジナルの制服を作ったんですって。
水色(エメラルドグリーンの薄いような色)のメイド風な服が素敵すぎます。

頭には付けるものはありませんが、白いカチューシャをつけている写真もあります。
襟とスカートの裾には白いラインが入っています。 首元には深緑色のタイを付けています。真ん中には金色の金具で留めています。
二の腕の部分には深緑色のリボンでキュッと縛っています。 袖の部分は、白い袖口に金色のボタンと深緑色のラインが入っています。

白いエプロンは丸い形状で、周囲はフリルで縁取られています。 ポケットは控えめに1つだけ付いていて、水色のラインが1本入っています。

スカートはフレアでふりふりです。スカートの下からは白いレースが見え隠れしています。

イベント形式で不定期な限定喫茶ということは説明しましたが、 特徴はそれだけではなく予約制というところもすごいところです。
事前に予約をしないとお店に入ることが出来ません。(泣)
(当日予約も、区切り時間単位での予約となり、すぐには入れないっぽい)
もちろん私は日程を知った次の瞬間にネット(メール)で予約しましたよ!!

当日、予約時間ぴったりにお店に行き、ドアのところで予約した名前を言うと、お店の中入ることが出来ます。
中に入ると、店員さんが笑顔で迎えてくれます。

最初に注意事項の説明がありました。(この部分は、唯一会話ができるボーイさんによる)
注文は、所定の紙に客が種類の部分に数量を書き込んで店員さんに渡す、というシステムでした。

店員さんはシャイなのか、しゃべれないのだそうです。お客さんが一方的に話すことも出来ますし、 筆談で返してくれることもありました。
ボディランゲージは得意のようで、つねに欧米ライクなオーバーリアクションで動いていました。

メニューは、オムライス、オムそば、シフォンケーキ、など、あとはドリンクがあります。
種類は多くはありませんが、オムライスなどはケチャップで絵を描いてくれたりしますよ!

けなげに働く着ぐるみさんは、本当に可愛いです。
遠くから見る分には本当に可愛いです。 しかし、近くにいるときは頭部が予想外に大きいので、結構な威圧感があることは秘密です。(笑)

ほかにもチェキメニューやくじ引きなどがありまして、常連さんっぽい人はみんななにかしらやっていました。

最初はその固定された表情に戸惑いが隠せませんでしたが、 慣れてくると、いろんな表情をして私に語りかけてきてくれることを感じます。 (幻覚の領域)
静かな店内に慣れてくると、他のお店のにぎやかさの方が信じられなくなってきます。

それにしても「着ぐるみカフェ」とは、未来を先取りしたお店です。
…と思ったら他にも着ぐるみカフェがいくつかあるらしいです。 (それらも、イベント形式の限定カフェ)
日本、始まった!

(2012-05-24)

  • 東京
喫茶青風亭の制服のイラスト

東京都

都心部(秋葉原)のお店

totop